マツコ・デラックス 行田市のふるさと納税の返礼品に憤慨「埼玉の卑屈さ」

0

11日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、埼玉の県民性にダメ出しをした。

番組では「ふるさと納税 返礼品に『土偶』」と題し、夕刊フジの記事を取り上げた。記事によると、埼玉県行田市が、昨年9月にふるさと納税の返礼品をリニューアルした際、市内にある「埼玉(さきたま)古墳群」にちなんで土偶を追加したという。なお、返礼品の遮光器土偶は、青森出土のものを窯元が模写して作っているとのこと。

コメントを求められたマツコは「この記事だけ読むと、埼玉古墳郡って大したことなくて青森から出てきた土偶を返礼品にしたって思う」と指摘したうえで「そんなことないのよ!」「スゴい立派な古墳群で。勾玉(まがたま)とかいっぱいでてきてるワケよ」とフォローした。

しかし、マツコは「なんで(返礼品を)自分のとこから出てこないものにしたんだろう?」と疑問視。続けて「そこがね、埼玉の卑屈さなのよ!」と唐突に、埼玉の県民性にダメ出しをしたのだ。

大きな笑いが起きる中、マツコは「もっと、自信を持ってさ」「自分のとこから出てきたもので良いじゃないよ。金の装飾品とかいっぱい出てきてるのよ?」と熱弁するも「なんなのよもう、埼玉!」とキレ口調で憤りをみせ、再び笑いを誘っていた。

【関連記事】
・ふるさと納税の返礼品で「家族に詰められる」…その内容がTwitterで話題
・マツコ・デラックスが湘南エリアの人々に痛烈「ろくな人間がいない」
・マツコ・デラックスが地元の千葉を酷評「つまらないベッドタウン」

(引用元:livedoor news)