小島慶子 TBS役員から受けた発言を暴露「女性局アナたちはもっと怒っていい」

0

7日、元TBSアナウンサーでタレントの小島慶子が自身のTwitter上で、局を退職した際、役員から「女性に値段はつけられない」と言われたことを明かした。

2010年のTBS退社後、タレントやエッセイストなどと多岐に渡って活動している小島。最近では、アメリカの映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ問題をかわきりに、同様の被害を受けた女性に声を上げるよう呼びかける「#MeToo」をめぐっても盛んに言論を行っている。

そんな小島が7日、退職時に役員から投げかけられたという言葉を明かした。TBSを辞める際、当時の役員は「これからは君に出演料を払うのか? 僕は女性に値段はつけられないなあ」と言い放ったという。

このときの発言を振り返り、小島は「これまで自分の何に給料が支払われていたのか、実にクリアにわかりました」「15年キャリアを積んでも、私は女という商品なんだなと」と憤る。そして、他の局所属の女性アナウンサーも自身の扱いに怒っていい、と呼びかけていた。

【関連記事】
・小島慶子「甘えてくる女性」を求める男性を一蹴「相手にしなくていい」
・小島慶子 電通社員の過労自殺を招いた日本社会に怒り「こんな世の中おかしい」
・小島慶子が中国を毛嫌いする人々に疑問「なんでみんな悪く言うの?」

(引用元:livedoor news)