玉袋筋太郎が明かす日馬富士の粋な一面「酒とタバコと女やらないと…」

0

1日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・浅草キッドの玉袋筋太郎が、過去に大相撲の元横綱・日馬富士と共演した際のエピソードを語った。

番組では、「その筋の話」のコーナーに、プロインタビュアー・吉田豪がゲストとして出演し、女優の大竹しのぶについて語った。コーナーの冒頭、吉田は玉袋と積もる話があるといい、大相撲の問題を話題にあげた。

11月14日、モンゴル人力士の日馬富士が、平幕・貴ノ岩に暴力を振るっていたことが明らかとなり、騒動に発展。同29日に、記者会見を開いた日馬富士は、騒動の事実を認め謝罪し、引退を表明している。

玉袋は以前、バラエティ番組で日馬富士と共演したことがあるという。ロケには力士が約20名と、ある大物女優が参加していたそう。

玉袋はその現場の喫煙所で、ライターを探している日馬富士に遭遇し、そこで火を貸しつつ「横綱でもタバコを吸うんですね?」と質問したとか。すると、日馬富士からは「お酒とタバコと女やらないと横綱になれない」と気さくな受け答えがあったそうで、玉袋はそのとき「素敵な人だな」と感じたという。

また、その番組のロケでは、ある大物女優が段取りの悪さに憤怒し、途中でタクシーに乗って帰ってしまったとか。現場が静まり返った中で、日馬富士が「横綱でも勝てないよ…」とつぶやき、その場の笑いを誘って、空気を一変させたという。

そんな日馬富士の粋な一面に玉袋が「心得ているんだよ」と評価すると、吉田は「そこで怒って何かをする人じゃなかった」「ビール瓶を出したりしない」と、今回の貴ノ岩への暴行問題で報道されていた内容をなぞらえた。玉袋も「出さない、カラオケもない、リモコンもなかった。笑いに変えた」と語っていた。

【関連記事】
・伊勢ケ浜親方が日馬富士の引退会見で声荒らげる「もっと皆さん聞きたいことがあると思う」
・フィフィが日馬富士引退に苦言「暴力に対して制裁を受けるべき」
・デーモン閣下が日馬富士の暴行問題に初コメント 引退にもファンとして「望んでいない」

(引用元:livedoor news)