江原啓之氏がキラキラネームに苦言「本当に子どもにとって幸せだろうか?」

0

29日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、スピリチュアリストの江原啓之氏が、キラキラネームについて苦言を呈した。

番組では、明治安田生命が発表した「2017年生まれの赤ちゃんの名前ランキング」を紹介している日本経済新聞の記事を取り上げた。

記事によると、男の子の上位3位は「悠真(ゆうま)」「陽翔(はると)」「悠人(ゆうと)」で、女の子の上位3位は「結菜(ゆいな)」「咲良(さくら)」「陽葵(ひまり)」だという。

コメントを求められた江原氏は、番組アシスタントの上田まりえに「『黄色い熊』って書いてなんて読みます?」と問いかけた。江原氏は自身のラジオ番組で話題になったとして、キラキラネームの読み方をクイズで出題したのだ。

上田が「まさか『ぷう』?」と半信半疑ながら言い当てると、江原氏は「手を洗うって書いてなんて読む?」と、次のクイズを出題。ほかの出演者から正解が出ず、江原氏は「『てぃあら』だって」と、呆れた様子で正解を明かした。正解を聞いたMCのふかわりょうや、女優の美保純は「えっ!?」と、驚きの声をあげる。

江原氏は、「でもそれ(キラキラネーム)ってね、本当に子どもにとって幸せだろうか?」「(親の)願望だけで、そうしちゃいけない」と苦言を呈したのだ。

そんな江原氏は、自身の子どもも含め「誰からも呼ばれやすい」「外国へ行っても呼ばれやすい」名前のほうが「誰からも愛されていいなぁと思う」と持論を展開していた。

【関連記事】
・キラキラネームを持つ人の自虐 指摘したツイートが話題
・ビートたけしが「キラキラネーム」を一蹴「男に捨てられる名前」
・SMAPが最新キラキラネームに驚き「区役所とか大丈夫なんですか?」

(引用元:livedoor news)