中1息子を震え上がらせたネットリテラシー教育…Twitterで反響

0

28日、あるTwitterユーザーが、中学1年生の息子を震えさせたネット教育を明かし、大きな反響を呼んでいる。

このユーザーが家庭で、息子とネットの利用法について話していた際「学校名や名前住所が特定できることは書き込まない」と諭したという。だが息子は、その理由が理解できず「なんでダメなの?」と聞き返してきたというのだ。

そこで学校名や教師のあだ名をすぐさまTwitterで検索し、その学校の在校生が持つTwitterアカウントを手際よく10個ほど見つけてみせた。学校名などの情報で、個人アカウントが簡単に特定されることを知ると、その息子は震えながら「よくわかりました」と漏らしたということだった。

このツイートは、29日11時半の時点で1万1000件以上のリツイートと、1万1000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
・水道橋博士がネットリテラシーの低下を指摘「学校で教えるべき」
・Twitterユーザーが9歳の息子にした“ネットリテラシー教育”が話題に…迷惑メールやワンクリック詐欺を解説
・「ホンマでっか!?TV」が強調するネットの危険性、ツイッターでは疑問の声も

(引用元:livedoor news)