若槻千夏 頼まれたインスタ写真に唖然…自分の顔が加工されていた

0

21日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、若槻千夏が、ファンのInstagramに投稿された自分の写真に不満をぶちまけた。

番組では「ジェネレーションギャップSP」と題して、世代の異なる芸能人がスタジオに顔を揃え、司会の明石家さんまとトークを繰り広げた。33歳の若槻は「若者のイラッとくる言動」というトークテーマで、年下ファンの言動について逸話を披露した。

若槻は、モデルの藤田ニコルと共演する機会が増えたからか、10代のファンから「写真撮ってください」と、声を掛けられるそうだ。写真は断らないという若槻は、スマートフォンでの2ショットセルフ撮影に応じたという。

ところが、撮られた写真について若槻は「またそれが、(写真加工用の)アプリをダウンロードしてるから。自分の顔がちょっと、ネコとかになってるんですよ!」と自分の顔が加工されることに不満を吐露した。

さらに、撮影したファンからSNSに投稿したいという要望を快諾した若槻は、どう載せられているのか気になり、検索を繰り返してファンとの2ショットの投稿を探し当てたのだとか。

ところが、投稿された写真のハッシュタグは「#若槻千夏、ウケるんですけど」だったそうで、若槻は「いやいや! ウケるのはアプリなのよ! 私じゃなくて、アプリの写真がウケさせてるだけで!」と、加工された上におちょくり気味のファンの投稿に、不満を爆発させていた。

【関連記事】
・若槻千夏 プロ野球選手から連絡先付きのサインボールをもらった結果
・若槻千夏 自身の子どもが幼稚園で描いた衝撃的な絵を告白「ザワつきました」
・若槻千夏 過去にトラブったタレント名を暴露「私、干されます?」

(引用元:livedoor news)