加藤浩次 たむらけんじのフライングに指摘「そういうルール分かんないんだ?」

0

4日深夜放送のラジオ番組「オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」(MBSラジオ)で、加藤浩次が「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の番組終了をフライングで発表したお笑い芸人・たむらけんじに疑問を唱えた。

同日放送の「めちゃイケ」で、来年春に番組終了することが正式発表された。そんな中、番組では、たむらが自身のInstagramで、正式発表前に「めちゃイケ」終了が「事実」だと明かしたことを話題に。

加藤は「俺もネットニュースで見て『あらっ』って」「“勇んだ足”だよね」「あれっ? そういうルール分かんないんだ? って」と疑問を口にした。

すると平成ノブシコブシ・吉村崇は「『めちゃイケ』メンバーが、すごい」「21年で培われてる」「俺も顔に出ちゃう。普通がたむらさん」とフォローした。この意見に、加藤も「そうかもしれないね」と納得した様子を見せる。

一方、加藤は「一切、誰にも言っていない。家族にも言っていない」と、人知れず沈黙していたことを明かす。妻とふたりで晩酌していても早めに切り上げ、「ちょっと寝るの早かった。言っちゃいそうで!」と苦労を明かしたのだった。

◆「勇んだ足」? たむらけんじのInstagram

僕は元々大阪で変な格好を年に一回だけして、ただただキレまくってた芸人でした。同期の中川家、陣内、ケンコバ達がどんどん仕事を増やしていってるの見ながら何も出来ないまま時を過ごしてました。そんな、僕が年に一回だけやるキレ芸(芸とはよべないです、正直)をずっと見てくれてて、オモロイと言ってくれたのが『めちゃイケ』の総監督片岡飛鳥さんでした。僕が今こうやってたくさんのお仕事をさせてもらえてるのは、間違いなく、『めちゃイケ』、飛鳥さんのおかげです。あの時のたむらけんじを世に出そうと思った人なんて、しかもあのふんどし獅子舞キャラでゴールデンに出そうなんて誰も考えないと思います。 でも、『めちゃイケ』はやってくれました、本当に感謝です。 そんな『めちゃイケ』が来年の春で終了する事が決定したようです。 最初ニュースを見た時はわけがわからなくなりました、嘘だと思いました。信じたくもなかったし、、、でもその後、飛鳥さんからメールが届き事実だと知りました。飛鳥さんが決めた事なのでしょうがないですが、「寂しいです、悲しいです、苦しいです」メール読んでたら勝手に涙があふれてきました。 メール来てるの見た時「あー、飛鳥さんやな、めちゃイケやなぁ」って思いました。おそらく『めちゃイケ」に出たほとんどのタレントさん芸人さんに1人づつこのメール飛鳥さんは送ってるんだと思います。コピペじゃないですよ、一人一人にちゃんと。これが『めちゃイケ』なんです、片岡飛鳥さんなんです。とにかく芸人愛に溢れた番組でした。とにかく1番に芸人の事を考えてくれる番組でした。 僕もたくさん愛を頂きました!本当に最高の番組でした!飛鳥さんのメールにも書いてました『晩節を汚さず来年の春にめちゃイケを笑って送り出そうと思います。』 最後は皆んなで大笑い泣きして『めちゃイケ』を送り出せる場所に僕もいれるように半年過ごします!! 本当に本当に『めちゃイケ』ありがちゃー! #めちゃイケ#フジテレビ#たむけん#鈴木紗理奈

たむらけんじさん(@tamuradojou)がシェアした投稿 –

(引用元:livedoor news)