今田耕司が吉本興業から浅井企画への移籍を考えていた真相を語る

20

25日放送の「本能Z」(CBCテレビ)で、お笑い芸人の今田耕司が、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーからの移籍を真剣に考えていたことがあると明かした。

番組では、お笑いコンビ・流れ星のちゅうえいと瀧上伸一郎がゲスト出演した。MCの今田や東野幸治とのトーク序盤、ギャラの話題になるとちゅうえいは、自身が所属する芸能事務所・浅井企画では「営業の仕事だと、吉本さんよりも1回で入ってくる額がハンパない」と告白したのだ。すると、瀧上も「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)に出演していた当時は「9対1で、(自分たちが)9もらっていた」とぶっちゃける。

フットボールアワーの後藤輝基が驚きの声をあげる中、今田は浅井企画は芸人に優しい取り分だと語る。瀧上が「吉本さんはたぶん逆ですよね?」と今田らに声をかけると、今田は「いや、吉本はなめたらアカンで」「9.5(吉本)対0.5(芸人)」と暴露し、笑いを誘った。フットボールアワーの岩尾望や後藤も、営業の仕事では芸人の取り分が「0.5」の場合はあると頷く。

さらに今田は「吉本が一時期、潰れる説みたいなのが回ったやん、芸人の中で『ヤバいらしいぞ』みたいなん」と振り返る。当時、吉本の芸人たちは「どこの事務所行く?」と裏で話していたそうだが、今田は「浅井企画に行くわ!」と明言していたのだとか。

ちゅうえいが「その噂がこっちにまで広まってて、吉本の人が(浅井企画に)きたら勝てなくなるから『オレらもどこに行く?』って話になっていた」と話すと今田は大ウケ。

一方で、東野も当時、お笑いタレントのヒロミに「個人事務所ってどんな感じ?」と相談していたと明かしていた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.