ANZEN漫才・みやぞんが自身の芸風に本音「イジられるのは本当は嫌」

20

25日放送の「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが「イジられるのは嫌」と、本音を漏らす場面があった。

番組では、香取慎吾とアンタッチャブル・山崎弘也、ゲストのみやぞんが福岡・博多でロケをした。移動の車中で、みやぞんと香取が互いに素朴な質問をぶつけていたが、その中で香取は「みやぞんはウッディ(キャイ〜ン・ウド鈴木)に憧れてるの?」と尋ねる。

みやぞんは「正直言っていいですか?」と前置きして「人間的に憧れてます」「中身はほんとに大好きな人です」と答える。続けて、みやぞんは「(ウド鈴木の)芸風は憧れではないですけど…」とぶっちゃけた。さらに「ぼくイジられたりするのが、本当は嫌なんです」と明かす。

すると、香取は「そこも似てるよ。ウッディもそうだもん」と、みやぞんとウド鈴木が似ていることを指摘する。そんな香取は、スマートフォンを取り出し、ウド本人に電話かけ、みやぞんがウドの芸風に憧れてないことをバラしたのだ。

電話口のウドは「それが1番キツい」とツッコミを入れて笑いを誘うと、みやぞんは「お互いMCとかツッコミとかやりたい人なんじゃないかなと思って。ぼくもそうなんですよ」と弁明していた。

(引用元:livedoor news)