フィフィ 父として意識の欠けた清水良太郎容疑者を批判「一番迷惑かかっているのはお子さん」

20

16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、フィフィが、逮捕された清水良太郎容疑者について妻子のある立場にも関わらず犯した愚行を痛罵した。

番組では、11日に覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕された清水良太郎容疑者の話題を取り上げた。スタジオでは、良太郎容疑者と父親、清水アキラの関係性が議論となる中、フィフィは「見てて気になったのがあったんです」と口を開く。

フィフィは、アキラが30歳に近い息子を殴ったとする発言に着目し、「まだ彼自身がすごく中途半端なところで大人になってる気がしてて」と印象を述べた。

またフィフィは同じコメンテーターとして隣に座る藤本美貴も知らなかった事実として、良太郎容疑者が妻帯者で昨年には子どもも生まれていることを指摘した。「彼(良太郎容疑者)、お父さんですよ!?」「こういうのを見てると『そう言えばお父さんだったんだこの人』っていうのを一瞬忘れるぐらい、まだ子どもにしか見えない」「お父さんとの関係もまだ子どもなのかな」と推測した。

番組ではその後、良太郎容疑者が違法賭博疑惑で謹慎後に復帰した際のインタビューを振り返った。良太郎容疑者の不遜な態度にスタジオで非難の声が相次ぐ中、フィフィは「この人、芸能人としての自覚云々とかの以前の問題で」「一番迷惑がかかっているのってお子さん」「養っていく立場だっていう自覚が全然感じられない」と呆れたようにコメントした。

我が子がまだ1歳足らずのときの愚行について、フィフィは「おかしですよ!そこがストッパーになって悪いことしないんですよ?私たちは!」と信じられない様子だった。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.