ヒロミ 独身時代は松本伊代の誘いを断っていたと告白「芸能界怖いじゃん」

20

10日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、お笑いタレントのヒロミが、妻でタレントの松本伊代との馴れ初めを語った。

番組では、女優・由美かおるの結婚観を取り上げた。独身を貫いている由美だが、仕事以上の魅力を感じる男性と出会えなかったのが結婚をしていない要因だと紹介された。

出演者たちが恋愛観や結婚感について意見を交わし合う中、司会の坂上忍がヒロミに「元々伊代さんのファンだった?」と尋ねる。すると、ヒロミは「ファンじゃねえよ。向こうがファンだったんだよ」と打ち明け、松本とのなれ初めを語ったのだ。

ヒロミいわく、独身だったころは、アイドルと共演しても芸人から誘える時代ではなかったそう。松本から食事に誘われても断っていたというのだ。理由を尋ねられると、ヒロミは「(当時の)芸能界怖いじゃんか!」「このまま(誘いに)乗ったら、俺殺されちゃうんじゃないかと思って!」と告白した。

うまく誘いを断っても、松本は電話などでヒロミへアプローチを繰り返したそう。ヒロミは意を決して松本に電話をしたとか。携帯電話が普及していない時代だったので、恐る恐る家に電話すると、松本の母が出て「どういう関係ですか」と問われ、ヒロミは「すみません」と切ってしまったという。

ヒロミは「アイドルの家に電話するの怖いぞ。いたずら電話と紙一重だからな」と当時を振り返り、スタジオに笑いを誘っていた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.