「いくらなんでもこれはない」林修氏が官僚を目指すのをやめたきっかけ

20

31日放送の「サワコの朝」(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修氏が、官僚になることを目指していた過去を明かした。

番組では特別編として、歴代ゲストのトークをVTRで振り返っていた。その中に、林氏が出演した2017年11月11日の放送回もあり、未公開映像として就職活動にまつわるエピソード部分が紹介されていた。

林氏は東京大学法学部の在学中に官僚を目指し、国家公務員試験を受験。官庁訪問もしていたそう。だがいざ面接試験に臨むと、「違うな」と感じた出来事があったというのだ。

林氏によると、面接の集合時間は朝9時だったが、実際に試験官との面接が始まったのは夜の6時から7時ごろだったとか。朝から夜まで、受験者全員が待たされたというのだ。周囲の受験者は大人しく待っていたが、林氏は耐えられず、1時間に1回は自動販売機に向かい食べ物を買っていたという。

試験後、採用となった知人から「あそこも見られてるぞ」と、待機時間も試験の一環であったことを指摘されたそう。だが林氏は「そうだとは思った」としつつも、長時間の待機を強いる試験に「これはないだろう、いくらなんでも」と違和感を覚えたというのだ。

なお、林氏のような「態度の悪い学生」は他にはおらず、みな素直に待っていたとか。面接試験を機に「この世界では、僕は無理だな」と判断し、官僚を目指さなくなったということだった。

【関連記事】
・林修氏がりゅうちぇるの発言にイラ立ち…「広辞苑」の使い方を巡り猛反論
・林修氏が考える人生の中での“究極の無駄”な時間
・林修氏のおかげで早大合格…モデルが林氏の指導力を熱弁

(引用元:livedoor news)