「デビューとか決まってんの?」aikoが勧誘されかけたつんく♂プロデュースのグループ

20

30日放送の「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)で、シンガー・ソングライターのaikoが、音楽プロデューサーのつんく♂から女性歌手グループ「太陽とシスコムーン」に勧誘されかけていたことを告白した。

番組では、ゲスト出演したaikoがパーソナリティーの松任谷由実とトークを展開。この中で「太陽とシスコムーン」に誘われかけた経緯を語ったのだ。

「太陽とシスコムーン」は芸能経験のある女性を対象にしたグループ。つんく♂がオーディションをしていた際、ラジオDJを務めていたaikoに注目したようなのだ。aikoは「つんく♂さんから電話掛かってきて『お前ってデビューとか決まってんのか?』って」とそのときの様子を振り返った。

当時のaikoはインディーズで歌手活動をしていたとか。つんく♂はaikoのインディーズ曲を聞き、連絡をしてきたという。aikoは「デビュー前に曲のことで言ってくれたのはつんく♂さんだけだった」「あそこまでぐいぐい『ここのアレンジはこうした方がいい』とか言ってくれたのがつんく♂さんだった」とつんく♂との思い出を語る。

つんく♂の熱烈なアプローチについて、松任谷は「aiko、好みだっだったんだよね」「何かを感じたんだよね」と推測。続けて「やっぱりいい声だもんね。メルディングな。独特の節まわしがある」とaikoの歌声を絶賛したのだった。

【関連記事】
・松任谷由実の苗場コンサートの開催…始まりは大企業社長となる大学生のひと言だった
・椎名林檎に宇多田ヒカルも…2018年にデビュー20周年を迎える歌姫たち
・山下達郎がライブで合唱する人に苦言「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない」

(引用元:livedoor news)