「良く言えばフレンドリー」杉村太蔵が安倍昭恵夫人の“脇の甘さ”を暴露

20

19日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵が、安倍晋三首相の妻である安倍昭恵夫人の人柄について語った。

番組では、学校法人・森友学園の国有地売却を巡る、決裁文書改ざん問題について特集した。同日の参議院予算委員会で共産党の小池晃書記局長が、書き換え前の決裁文書に昭恵夫人に関わる記載があったことを追及。これに財務省の太田充理財局長は「基本的に総理夫人だということだと思います」と答弁している。

このことについて、司会の宮根誠司が「(昭恵夫人は)自分が十二分に忖度(そんたく)される立場にいらっしゃるということをあまり認識されてないんじゃないか?」と指摘すると、時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏も同調した。

そんな中、杉村は「昭恵さんていうのはね、『この世の中に悪い人はいない』っていう考え方なんです!」と切り出す。続けて「僕がもらったわけじゃない」と前置きした上で、「ある方が昭恵夫人と名刺交換した」というエピソードを話し始めた。

昭恵夫人の名刺には、携帯番号が書かれていたそうだ。実際にその番号に電話をかけたところ、「安倍でございます」と昭恵夫人本人が出たということだった。

杉村は「ファーストレディー自ら(電話に)出るとは思わない」と言い、昭恵夫人の人柄について「とにかくそのくらい、よく言えばフレンドリー!」と熱弁。その後「悪く言えば、なんと言えば分かりませんけど…」と言葉に詰まると、宮根が「脇が甘いというか…」と助け舟を出していた。

【関連記事】
・「疑惑を払拭する努力をみせてもいい」杉村太蔵が安倍昭恵夫人の国会招致に賛成
・「何なんだろう?この茶番は!」土田晃之が麻生太郎財務大臣に苦言
・「やるせない気分」武井壮が森友学園を巡る決裁文書書き換え問題に言及か

(引用元:livedoor news)