有吉弘行 スベった責任を転嫁する若手に指摘「一番ダメなんだぞ!」

20

18日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で、お笑いタレントの有吉弘行が、スベって場をごまかそうする若手芸人の反応に指摘した。

番組では、有吉が「誰もが通る道っちゃ道だし、自分の中でそういうことをやっちゃう時期が必ず若い時分は特にあるんだけど」と前置きし、久しぶりに若手と共演した際のエピソードを披露した。

その若手は、番組収録でひどくスベってしまい「ちょっと何ですか、この企画!? イジメじゃないですか!!」などと訴えたのだとか。有吉は「違う、違う。お前の腕だよ」「あ、そういう逃げ方するんだぁ」と感じ、思わず笑ってしまったそう。

スベった若手の反応を見て,有吉は「世代変わっても変わらないんだな」「われわれ特有のもんじゃないんだな」と振り返る。場をこなすうちに、失敗をしても「全ては自分のせいだな」「私のせいです。失礼致しました」と受け止め、腕を磨き続ければ達観にも似た余裕が出てくるというのだ。

最後に有吉は、スベったことをごまかそうと他人のせいにする若手に、笑いながら「それ、一番ダメなんだぞ!」と指摘をしていた。

【関連記事】
・始球式で稲村亜美に群がる中学生集団に有吉弘行も驚愕「めちゃくちゃ怖かった」
・「訴えさせようかなと思って」有吉弘行が発言力ない人への誹謗中傷記事を非難
・「有吉さんって言えないかな?」有吉弘行が一般人からの呼び掛けに意見

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.