「全国的に正しい情報を伝えたい」カンニング竹山が3.11被災地の現状に訴え

20

11日放送の「特集 明日へ つなげよう 東日本大震災から7年」(NHK総合)で、お笑いタレントのカンニング竹山が、被災地の現状を全国に正しく伝えたいとした。

番組では、NHK仙台放送局から7年前に起きた東日本大震災の特集を放送。被災地の復興への取り組みを紹介していった。宮城県では靴下で作った人形「おのくん」によって人の輪を広げているという。一方で、ゲスト出演した竹山は、福島県でラーメンを食べたり、酒を飲んだり、温泉に入ったりするなどして支援を続けているそうだ。

竹山は震災が起きた際、大阪へ向かう新幹線に乗車中で新横浜駅に着いたところだった。そのため、昼過ぎから午後8 時ぐらいまで新横浜駅で過ごしたという。

また被災地の今について、竹山は「もっと何があったかとか、今現状がどうなっているかというのを、ちゃんと全国の皆さんに知ってほしい」「知らない人って、実はいっぱいいる」「少しでも多くの人に、ちゃんと伝わると、またやりようもある。力になる人もいっぱいいるとは思う」と語ったのだ。

竹山は続けて「今、そこの土地に、どういう風に住んでいるのか。全国的に正しい情報を伝えたい」「それがいっつも途中でグチャグチャってなっちゃうから、それがちょっと悔しいですよね」と訴えていた。

【関連記事】
・口約束でも必ず守るようになった…伊達みきおの東日本大震災を経ての変化
・トルコで初めて行われた外国人国葬…被災者たちのヒーローになった日本人
・「全国の人たちを東北に呼び込む」サンドウィッチマンの地元愛あふれるミッション

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.