男子フィギュアスケート 江川紹子氏がテレビ報道の「日本人スゴイ!」に苦言か

20

16日、ジャーナリストの江川紹子氏が自身のTwitter上で、フィギュアスケート選手の羽生結弦らが韓国・平昌オリンピックで好成績を上げたことに対し、テレビ報道に苦言を呈した。

この日、羽生はフィギュアスケート男子ショートプログラムで華麗な演技を披露。111.68点を獲得し、他の選手たちを引き離して首位に立った。宇野昌磨も同競技に出場し、104.17点で3位に躍り出ていた。

江川氏はこうした日本勢の快挙を「すごかったね」と称えつつ、「『日本人スゴイ!』じゃなくて、『羽生選手すごい! 宇野選手すごい!』だから」と、テレビ報道に釘を刺したのだ。

なお、翌17日に行われたフィギュアスケート男子フリーにおいて、羽生は206.17点を取り、金メダルに輝いている。また、宇野も続いて銀メダルを獲得しており、日本勢が金銀を制する結果となった。

【関連記事】
・「YOUは何しに日本へ?」ディレクターが日本礼賛番組に「大嫌い」
・厚切りジェイソン 日本称賛番組に困惑「感動しないといけない」
・厚切りジェイソン 日本人は親を大事にしないといけない気持ちが強いと指摘

(引用元:livedoor news)