「他の練習はいらない」 江川卓氏がプロ入り前の清宮幸太郎に助言したこと

20

今月26日のプロ野球ドラフト会議で、7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得した早稲田実業・清宮幸太郎。入団は確実と言われ、その話題は守備や打順、今オフでフリーエージェントの資格を取得した同じ一塁を守る中田翔の去就に移りつつある。

すると29日放送、日本テレビ「Going! Sports&News」では、野球解説者・江川卓氏がプロ入り前の清宮にアドバイス。「プロ野球に入る前に他の練習はいりません」と言い切ると、清宮に「ある勉強」を推奨した。

「カラダができてるし、色んなことはいらない」という江川氏は、「プロ野球のピッチャーの球種と、どういう時にどういうボールを投げるかっていうVTRを全部観て覚えて入ってくることが大事」という。

その理由を「2軍から1軍に上がってくるタイプの選手じゃなくて、多分最初からスタメンで行くと思う。だからそういう方が大事になってくる。ケガさえしなければ、すぐ1軍で出ますから」と説明した江川氏は、「プロ野球の相手のピッチャーの投げるボールとか、カウントでどういうボールを投げるのか勉強した方がいい」と繰り返して強調した。

また、江川氏は守備の面にも言及。中田翔の去就にもよるが、(清宮が)一塁やDHという見方がある中で「中田選手が一塁にいらっしゃったら僕はDHじゃなくて外野でいきたい。守りながら打つっていうリズムを作ってほしい」などと語った。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.