「引き受けた時期が気の毒」松井秀喜氏、高橋由伸氏の巨人監督時代に持論

0

11日、日本テレビ「news zero」では、「松井秀喜×高橋由伸 SP対談 in NY」として松井秀喜氏と高橋由伸氏の対談を放送。今春、同局の番組で度々放送されている両者の対談はヤンキースタジアムで収録された。

「本当は現役時代に見にきて欲しかったっていうのはある。でもこうやって2人ともユニフォームを脱いでここで一緒にいれるっていうのはなかなか感慨深い」という松井氏。両者は、高橋氏が巨人に入団した21年前から松井氏がメジャーリーグに挑戦するまでの5年間を一緒にプレーした。

そんな松井氏の印象について、高橋氏が「僕は1番近くで感じていたと思っているし、衝撃なんだけど見慣れている。またいつものが出たなっていう感じですよ、ホームランを打ったって」と語ると、松井氏は「(高橋氏は)興味をそそる存在だった。なんでこういうことができちゃうのかなっていうのが。由伸は外野でダイビングキャッチをよくやったんですよね。あれは僕にはできなかった。怖くてできなかった。多分やっても失敗した。彼は捕るんですよ、ちゃんと。センターとライトですけど右中間に飛んだら由伸。自分の中で決まっていた」という。

また、2016年から2018年の3年間、高橋氏が務めた巨人監督時代に言及した松井氏は「去年までの3年間の大変さを学んでみたい。学んでみたいというか聞いてみたい」と切り出した。これに高橋氏が「大変だなと思っていたでしょ?」と返すと、松井氏は「大変だなと思っていたね」と即答して笑う。

その一方、「正直、引き受けた時期が気の毒でした」という松井氏は、「ジャイアンツはその前にセ・リーグの3連覇を2回している。それを支えていた選手がだいぶ衰えてきちゃって、次の力がいるかといったらいない状態で。優勝できないのは当たり前かなっていうくらい。彼の責任とかではなくチームとしてそういう時期」と持論を展開。自身の監督就任は「現時点では考えていない」と前置きした上で、高橋氏には「彼はジャイアンツのために現役時代ずっと尽くしてきた選手。僕個人としては、次へ(監督再任)のエネルギーをどっかで沸かしてもらって」と期待した。

(引用元:livedoor news)