桑田真澄氏が語る10.8決戦、「頭の中がパニックになった」理由とは?

0

7日、TBS「平成スポーツあったなぁ大賞」では、平成スポーツ史から名場面を厳選。その裏側にあるスクープを伝えた。

その一つとして紹介されたのが、プロ野球史に残る伝説の一戦「10.8決戦」だ。
1994年10月8日、リーグ最終戦時、同率首位で並んだ巨人と中日の一戦は、巨人が当時の3大エース、槙原寛己氏、斎藤雅樹氏、桑田真澄氏の継投により、6-3で勝利。同番組では、この一戦に登板し胴上げ投手となった桑田氏の裏話を放送している。

「緊迫した試合っていうのはこういうのをいうんだなっていう、それくらい張り詰めた1日でしたよね」と振り返った桑田氏は「(勝利を決めた直後の)ガッツポーズも準備していたわけじゃないですね。まさか最後三振取れると思っていなかったですし」とも。

そんな桑田氏は、この試合で鮮明に覚えていることがあるという。それは決戦前夜、長嶋茂雄監督(当時)に呼び出された時のこと。先発三本柱で戦うと聞かされていた桑田氏は、「槙原さん先発ですし斎藤さんも控えている。そうすると(自分の登板は)1番後なのかな、どこなのかなと思って『監督どの辺で用意しておけばよろしいでしょうか?』って聞いた」という。

すると長嶋氏は「しびれるところだ」と返答。これを聞いた桑田氏は「試合自体が全部しびれる試合」などと心の中で感じていたという。その他にも、この時ホテルの電話が鳴り、高倉健から長嶋氏に激励の電話があったことなども明かした桑田氏は「頭の中がパニックになっていた。そっちの方が印象的」と笑顔を見せた。

(引用元:livedoor news)