「反省してますもん」吉田麻也が自戒を込めて語るアジアカップの鍵

20

7日、テレビ朝日「報道ステーション」では、サッカー日本代表・吉田麻也のインタビューを放送。キャプテンとして臨むアジアカップについて、サッカー解説者・中山雅史氏が意気込みを尋ねた。

「大事なのはやっぱり苦しいとき、リーダーの真骨頂が見られる時だと思うので。必ず大会通して良い時ばかりじゃないし、苦しい時がくるっていうのは森保(一監督)さんとも話しているんですけど」
こう切り出した吉田は、長く日本代表のキャプテンを務めてきた長谷部誠についても「何よりもチームファーストっていうことを率先してできる選手だった」と話す。

その上で、アジアカップを戦うキーポイントを「ワールドカップみたいな大きな大会で大きな国と戦う時の戦い方と変わってくると感じてて、それはサッカーだけじゃなくて審判との駆け引き」とした吉田は、「審判とのコミニケーション、接し方は非常に大事で特にアジアの審判てすごくナイーブなので気持ちだったり環境、雰囲気に左右されることが多い。長谷部さん、そういうところうまかったですよね。すごくおだてておだてるおだてる。すげえな、出世するタイプだなと思いましたもん」としみじみ。

さらに吉田は「僕は多分高圧的に言い過ぎてるんですよね。反省してますもん。そこに対応することもアジアを戦う上での1つの大事なキーポイントなので、うまくやっていきたいなと思います」などと自戒を込めて語ると、キャプテンの重圧にも言及。「(キャプテンマークを)巻くか巻かないかは全然重みが違いますね。長谷部さんもよくストレスでできものができてたけど気持ちわかりますもん。肌が荒れたら疲れてるなと思ってください」とおどけてみせた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.