「あー、無理だよ」 鈴木誠也が″甲斐キャノン″に本音炸裂

20

6日、フジテレビ「ジャンクSPORTS」では「プロ野球一斉調査SP」として、現役選手10名がゲスト出演。広島の若き主砲・鈴木誠也は、昨年の日本シリーズで対戦したソフトバンク・甲斐拓也を前に走塁時の本音を炸裂させた他、巨人のユニフォームを”カッコいい”と答え、周囲を慌てさせた。

昨年の日本シリーズでは、甲斐の”甲斐キャノン”に6連続で盗塁を阻止され、攻撃の芽を封じられた広島。中でも「特に僕は甲斐選手に3回も盗塁を刺された」と切り出した鈴木は、「ランナーにいて『無理だろうな』って思ってたんですけど、サインが出るので『あー、無理だよ』と思いながら(走った)」と胸中を明かす。

それでも「(サインが出るため)走らないといけない」という鈴木は、「走りながらバッターが振るか振らないか見るんで、その時に(甲斐が)投げてきたボールが見えるんですけど、(その球筋を見て)『ほらね』と思いながら」などと話し、司会の浜田雅功らを笑わせた。

すると番組では、広島ファンとして知られるアンガールズ・田中卓志が「気になる写真」として、昨年のオールスターゲームで鈴木が巨人の帽子をかぶった一枚を紹介。その上で鈴木に「カッコいいと思うユニフォーム、どこでしたっけ?」と尋ねた。

この質問に鈴木は「巨人です」と即答。「やっぱり、小さい時から野球といえば東京ドームに行ってたので伝統あるユニフォームだしカッコいいなっていうふうには思います」と補足した鈴木だったが、周囲が巨人移籍を疑うようなリアクションをしたため、「行きたいとかではなくてカッコいい」と念押し。それでも、その口元が緩んだため、田中は「半笑いじゃないですか?大丈夫ですよね?」と突っ込まずにはいられなかった。

(引用元:livedoor news)