山本昌氏が清宮幸太郎の好調を分析 「2軍にスパッと落としたのが良かった」

20

29日放送、日本テレビ「NEWS ZERO」に、野球解説者の山本昌氏が出演。北海道日本ハムファイターズと清宮幸太郎への期待を表した。

パ・リーグは首位の埼玉西武ライオンズを2位の福岡ソフトバンクホークスが6ゲーム差、3位の日ハムが6.5ゲーム差で追っている。

山本氏は「順当にいけばライオンズ」と、西武の優勝が有力としたうえで、「もしも波乱が起きるとしたら、日本ハムじゃないかな」と、3チームで最も防御率が良い日ハムを対抗馬に挙げた。

さらに、山本氏は「上(1軍)に上がって絶好調」という清宮の存在に注目。「こういう新戦力が入る時は強いですから、面白い」と、日ハムがサプライズを起こす可能性に触れている。

清宮は春に1軍で打率.179と苦しみ、2軍に降格。だが、2軍で13本塁打を放ち、1軍に復帰してからは、打率.385と好調だ。山本氏は春の清宮が「プロのボールに迷っているところがあった」と指摘。「あそこでスパッと落としたのが良かった」と、2軍に降格させた首脳陣の決断を称賛した。

1軍で試合に出られなかった清宮を2軍で試合に出させて、「質量ともに高校時代とはまったく違う練習」の中で「体のキレが良くなって、スイングが鋭く」なったと解説している。

さらに、清宮の昇格で「周りの先輩たちも『これはちょっとウカウカしてらんないぞ』と、チームのムードはすごく良い」と、チーム全体にも良い影響を与えていると期待を寄せた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.