セルジオ越後氏、久保建英の初得点を絶賛 「ワールドクラス」

20

この夏、FC東京から横浜F・マリノスにレンタル移籍した久保建英が、8月26日の明治安田生命J1リーグ第24節でJ1初先発を果たすと、後半にJ1初ゴールをマークした。

この日の対戦相手はヴィッセル神戸。バルセロナ下部組織で育った久保にとっては、偉大なる先輩アンドレス・イニエスタとの対戦だった。17歳2カ月と史上2番目の若さでのゴールは、そんな先輩後輩対決を制す一発に。横浜は2-0で神戸に勝利している。

同日放送、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」では、サッカー解説者のセルジオ越後氏が「素晴らしかった。内容が良かった」と、久保を称賛した。

セルジオ氏は「ハーフラインから素晴らしいパスを出して、そのままランニングしてフリーになって、トラップからシュートもすごい。ワールドクラス」と惜しみない賛辞を寄せている。

久保は22日の天皇杯でも移籍後初アシストを記録したが、チームは敗れた。それだけに、セルジオ氏は「今回は点を取ったと同時に、チームの勝利に貢献した。これがすごく良かった」と、チームの結果にもつながったことを評価した。

一方で、2年後の東京五輪について問われると、セルジオ氏は「これからJ1の中で、今日みたいな活躍をコンスタントにすることで、ほかの競争相手に勝てるチャンスをもらえる」と、継続的に結果を残すことが必要と指摘している。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.