北澤豪氏、代表新監督・西野朗氏の特徴は「基本戦術とヒラメキ」

20

9日、日本サッカー協会は、日本代表ヴァヒド・ハリルホジッチ監督解任を発表。後任には、Jリーグ監督通算270勝を誇る、日本サッカー協会技術委員長・西野朗氏が就くことになった。

すると同日、日本テレビ「NEWS ZERO」では、サッカー解説者・北澤豪氏が、西野氏の代表監督就任についてコメントした。

「今現在、日本のサッカーがどうあるべきかっていうのをわかってる人間なので、その人間が責任を持ってやるということになったというふうに思います」。

こう切り出した北澤氏は、西野氏による采配の特徴を「能力の高い選手を選んで、ある程度の基本戦術を持ちながらも、ちょっとこうヒラメキ的な発想が入ってくる」と説明した。

また、同じ日本人として選手としっかりコミュニケーションが取れる点を評価した北澤氏は、「新しい監督を迎えた中で、しっかりとした方向性が欲しい。定められる人間がきてくれればベスト。それがないと選手の中でも足踏みしてしまう」と西野氏の就任を適任とした。

(引用元:livedoor news)