二刀流コーチが大谷翔平のすごさを解説、今後の成功の鍵を握るのは…

20

9日放送、テレビ朝日「報道ステーション」では、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平をプロ入り当時から北海道日本ハムファイターズで指導したピッチングコーチの黒木知宏氏が出演。大谷のすごさを解説した。

アメリカメディアも手のひら返しをしたほどの大谷の連日の活躍に、黒木氏は「ちゃんと自分のパフォーマンスを出せば通用すると思っていた」とコメント。特に素晴らしいのが、大谷の修正・適応能力だと述べた。

例えば、投手として登板した1試合目と2試合目の違いだ。大谷はそれぞれ勝利を挙げたが、黒木氏はストレートが違っていたと分析する。

黒木氏は初戦の大谷がストレートを「自分でうまく操ることがなかなかできなかった」と指摘。だが、2戦目ではわずかながらピッチングフォームがコンパクトになり、「自分の意思をもってストレートを投げ、修正をかけたストレートがちゃんと投げられるという意思表示をした」と賛辞を寄せた。

さらに、黒木氏は試合中の修正力も称賛。6回までパーフェクトピッチングを続けていた大谷が、7回に初ヒットを許し、さらに四球を出した場面について、「普通だと、これまですごいピッチングをしている選手がここまで崩れると、なかなか修正がきかない」と、立て直すのは難しいと解説する。

だが、大谷は続くバッターを打ち取って失点を回避。黒木氏は大谷が「精神的に一度リセットして、初回から投げていった感覚を取り戻し、ここ一番というところでミスをしない」と絶賛。日本ハム時代も大事な場面でミスをするところをほとんど見たことがなかったと明かした。

大谷はこのまま成功を続けられるのか。黒木氏は「大きなケガさえなく、チーム全体の流れの中で、うまくローテーションを守っていくことができれば、それなりの結果は出る」と太鼓判を押した。

ただ、スケジュールの過密さは心配だ。黒木氏は「投げ終わったリカバリー」が最も大事だと語る。「打つほうもすごいので使いたくなってしまう。そこをなんとか我慢して、できるだけ良い状態で使えるような起用法をうまくしてくれれば、彼は適応能力ありますので、間違いなく1年間通してローテーションを守れるかなと思います」と、エンゼルス首脳陣の起用法に期待を寄せた。

(引用元:livedoor news)