ASUSTeK Computerの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 5 ZE620KL」や廉価モデル「ZenFone 5 Lite ZC600…

20

エイスースの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 5」や廉価版「ZenFone 5 Lite」はこんな感じ?!


既報通り、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)がスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせて現地時間(CET)の2018年2月27日(火)19時30分からプレスイベント「ZenFone Unveil | We Love Photo」を開催し、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5」シリーズを発表します。

また同社ではすでに紹介しているように先日行なった決算説明会にてZenFone 5シリーズとしてベースモデル「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」と下位モデル「ZenFone Max Pro (M1)」を3月、上位モデルを6月に投入することを明らかにしました。

そういった中でベースモデルのZenFone 5 ZE620KLとその廉価モデル「ZenFone 5 Lite(型番:ZC600KL)」の画像がリークされています。これまで「ZenFone」では廉価モデルとしては“Laser”や“Max”、“Selfie”などがありましたが、新たに他社のような“Lite”シリーズを展開する模様です。

なお、ZenFone Max Pro (M1)と見られる画像もすでに流出しており、MWC 2018のティザーで示されているように各機種ともに既存の「ZenFone 4」シリーズと同様にデュアルカメラを搭載したカメラ機能に注力しているほか、新たに縦長画面を採用した製品となっているようです。

【ZenFone 5 ZE620KL】

ZenFone 5 ZE620KLはZenFone 5シリーズのベースモデルで、型番から6.2インチかつQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズを搭載したモデルであることがわかり、また画像からディスプレイ上部に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)があり、アスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用しています。

また指紋センサーはZenFone 4のディスプレイ下中央からZenFone 3のように背面に戻され、背面のデュアルレンズカメラは縦に並んでおり、本体下部にはUSB端子と3.5mmイヤホンマイク端子を備え、USBはType-Cを採用しているように見えます。

さらに決算説明会ではSnapdragon 636と説明されていたので、ZenFone 4(型番:ZE554KL)の上位版に搭載されていたSnapdragon 660より若干クロック数は下がりますが、ミッドハイレンジといったところ。SoCから考えると画面解像度はフルHD+(1080×2160ドット)、ノッチがあることから有機ELになりそうです(シャープ製「IGZOフリーフォームディスプレイ」の可能性はゼロではありませんが)。

なお、メーカー型番は「X00QD」とのこと。個人的にはそろそろZenFoneにも防水に対応して欲しいところですが、どうなるでしょうか。上位モデルがSnapdragon 845を搭載しているということですが、すでに他社では多く縦長画面を採用した機種がありますし、縦長画面以外の新しい要素が欲しいようにも思われます。

【ZenFone 5 Lite ZC600KL】

ZenFone 5 Lite ZC600KLはZenFone 5シリーズの廉価モデルで、型番から6インチかつSnapdragonシリーズを採用していることがわかり、ZenFone 5 ZE620KLと比べるとディスプレイ上部のノッチがなく、カメラが背面に2つ、前面に2つのクアッドカメラ搭載となるということです。

またトップ画像や下にある画像から本体カラーはブラックやホワイトに加え、レッドがある模様。ディスプレイは同じく縦長となっており、背面パネルはガラスまたは樹脂となっているようで、光沢感がある質感になっているとのこと。

USB端子はmicroUSBのようで、本体上部に3.5mmイヤホンマイク端子が配置され、本体右側面に電源キーと音量上下キー、左側面にSIMカードスロットが見えます。背面のデュアルカメラはZenFone 5 ZE620KLと同じく縦配列。なお、メーカー型番は「X017DA」。

(引用元:livedoor news)