ソフトバンクが学生と先生を対象としたSoftBank向け割引施策「学割先生」を開始!スーパーフライデーで…

20

今年も牛丼やアイスが無料となるスーパーフライデーを実施!ソフトバンクが春商戦向け施策を発表


ソフトバンクは15日、都内にて携帯電話サービス「SoftBank」向けの「新サービスに関する記者発表会」を開催し、学生だけではなく先生も割引対象とする「学割先生」を2018年1月17日(水)より実施すると発表した。

これまでのSoftBankの学割サービスは、学生などの25歳以下を対象としていたが、今年は新たに先生(公立学校共済組合組合員証、文部科学省共済組合組合員証もしくは私立学校教職員共済加入者証を所有している)も割引対象となった。

対象となるデータプランは「ウルトラギガモンスター」となり、学割先生に申し込むことで1年間毎月1,020円が割引となる(金額表記はすべて税抜)。

今回は、学割先生だけではなく学生向けの施策や2〜3月におけるSoftBankの契約者特典「SUPER FRIDAY(スーパーフライデー)」の内容なども発表されたので、それらを含めて発表会の模様を写真を交えて紹介していく。

まずはじめにSoftBank向けに昨年開始されたパケット定額オプション「ウルトラギガモンスター50」は大容量を使用したいというユーザーから高い満足度を得ていることが紹介された。

しかしながら、同社では月額利用料が9,000円と高くヘビーユーザー向けという印象も強いことを指摘。そして、このヘビーユーザーが多いのは大学生や25歳以下を中心に学生が多いのだという。

そこで、データ使用量が多い学生に対して、パケット残量を気にすることなくスマートフォン(スマホ)が利用できるウルトラギガモンスター50を割引して提供する。

1年間は3,980円から利用できるとしているが、その条件としておうち割 光セット、みんな家族割、学割先生「家族割追加特典」(4人家族の場合)をすべて適用した場合である。

またデータ通信をあまり利用しないであろう小学生や中学生といったスマホビギナーを対象とした「スマホデビュー割」も実施する。これもおうち割 光セットなど条件はあるものの、次の機種変更まで1GBのデータプランが1,980円から利用可能だ(機種代金は別途必要)。

対象となるスマホは「iPhone SE(32GB)」および「AQUOS Xx3 mini(型番:603SH)」、「 DIGNO G(型番:602KC) 」、「シンプルスマホ3(型番:509SH)」、「Xperia XZs(型番:602SO)」、「AQUOS R(型番:605SH)」の6機種だ。

さらに最新の「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を使いたいという人のために、この2機種も対象とすることを発表した。

さて冒頭で紹介した先生も対象とする割引サービスの学割先生は、学生と一緒に先生も教育の場でスマホを活用して欲しいとしている。ソフトバンクとしても新たな顧客を掘り起こすことはもちろんだが、仮想移動体通信事業者(MVNO)への転出をストップする狙いがあると思われる。

今回、割引サービスだけではなく、スーパーフライデーを連続で実施することも発表した。2月は吉野家の牛丼が毎週金曜日無料となる。初回は2月2日(金)から。

3月はサーティワンアイスクリームのアイスを提供する。今回はソフトバンクとのコラボしたフレーバーも追加される。

春は入学・進学シーズンということで、学生にはさらに特別に吉野家の牛丼が2杯、サーティワンのアイスは3月と4月に無料で提供するということだ。

最後にソフトバンクではストレスフリーを事業指針とし、今後も改善して進化していくと説明していた。以下に発表会の模様を動画で紹介しておく。

動画リンク:https://youtu.be/0gOh_c2HNmc

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・今年の学割は先生も対象! “ソフトバンク”、「学割先生」を実施 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・“ソフトバンク”、2月と3月に「SUPER FRIDAY」を実施 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

(引用元:livedoor news)