AppleがiPhone 6以降の保証対象外における電池交換費用を旧機種でバッテリー劣化時に性能を落としている…

0


Appleが同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの旧機種においてバッテリーが劣化した場合に意図的に性能を低下させていた問題で保証対象外時における電池交換費用を値下げする件について日本では通常8,800円から3,200円とすることが案内されています(ともに税別)。

対象は「iPhone 6」シリーズ以降で、2018年12月末まで値下げ価格で対応される予定。なお、同社では詳細については公式Webサイトで別途お知らせするとしています。またiPhoneの修理を受け付けているauなどでも同様の措置が取られると見られます。

また海外メディアによると、ライバルとなるSamsung ElectronicsやLG Electronics、Motorola Moblilities、HTCでは各社の「Galaxy」シリーズなどのAndroid搭載製品において同様のバッテリー劣化時におけるパフォーマンス低下措置を実施していないと回答していると伝えています。

iPhoneシリーズのバッテリー劣化時に性能を下げている問題は海外では大きな問題となっており、欧米などでは集団訴訟も起こされていますが、これに対してAppleも公式に謝罪と説明を行い、対応措置として保証期間外における電池交換費用を下げることを発表していました。

同社ではバッテリー劣化時にパフォーマンスを下げるのは高負荷時において突然の強制終了を避けるためだと説明し、特にベンチマークのような「電力が足りなくなる最高動作状態の制限」であるとしており、多くのケースでは影響がないものと見られます。

なお、現在わかっている範囲では最新のiOS 11.2以降であれば、iPhone 6シリーズ以降のiPhone 6やiPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEに続いてiOS 11.2以降ではiPhone 7およびiPhone 7 Plusでもこの仕組みが導入されているということです。

またAppleではバッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす方法についても公式Webサイトで公開しており、最新のソフトウェアにアップデートすること、最適温度である16〜22℃を中心にしてそれ以外の極端な温度を避けることを挙げています。

特におおよそ0℃以下の低温過ぎる状態や35℃以上の高温過ぎる状態は避けるべきとのこと。これは充電中に発熱することから充電中は特定の種類のケースを取り外すことにもつながります。

さらに長期間利用しない場合にはおおよそ半分(50%)の充電をして電源を切って湿気のない32℃以下の環境に保管し、半年ごとに50%前後まで充電することを繰り返すのが良いとしています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPhoneシリーズ 関連記事一覧 – S-MAX
・iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)
・バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)
・Samsung and LG also confirm they do not slow down phones with older batteries
・HTC and Motorola say they don’t slow old phones like Apple does – The Verge
・iPhone 6s Teardown – iFixit

(引用元:livedoor news)