1枚のSIMカードでNTTドコモと海外通信事業者の複数の携帯電話サービスが利用できる「マルチプロファイル…

0

docomoがジェムアルトとともに「マルチプロファイルSIM」を開発!


NTTドコモは28日、ジェムアルトの技術協力によって通信サービスの利用に必要な電話番号や契約内容などの加入者情報(以下、プロファイル)を1枚のSIMカードに複数社分格納し、渡航国・地域に応じてプロファイルの切り替えが可能な「マルチプロファイルSIM」を開発したと発表しています。

これに伴ってプロファイル切り替え機能の安定性が確認できたことから2017年12月1日(金)から2018年3月30日(金)の間に実際の利用環境における実用性を評価するため、タイのTrueMove HとベトナムのVNPTを提携先通信事業者として両国に支店や工場などがあり、駐在や出張などがある法人に合計100回線を利用してもらう実証実験を実施します。

同社では複数の通信事業者が連携し、スマートフォン(スマホ)やタブレットでの音声通話やデータ通信など人の利用を想定したものは世界で初めてだとし、現地における社内システムへのリモートアクセスなど業務利用における使用感やネットワーク品質を実証実験で評価してもらった上で、2018年度内のサービス提供開始をめざすとしています。

NTTドコモでは従来、海外駐在や留学など海外に長期滞在される場合に渡航先通信事業者の音声通話やデータ通信などのサービスをご利用するためには現地の通信事業者が提供するSIMカードに差し替えたり、レンタルしたスマホなどを持つことなどで対応してきました。

しかしながら、ジェムアルトとともに2016年2月より「コネクサス・モバイル・アライアンス」に加盟する通信事業者とマルチプロファイルSIMの技術検証を進め、今回、実際に利用できる段階となったため、マルチプロファイルSIMをスマホなどに挿入するだけで、SIMカードを差し替えることなく渡航先通信事業者の通信サービスを利用できるようになりました。

またマルチプロファイルSIMを利用することで、渡航先ですぐに家族などと連絡を取ったり、インターネットに接続して生活に必要な情報を入手したりすることが可能となり、またマルチプロファイルSIMは日本ではNTTドコモのプロファイルを利用できるため、出国までの間や海外からの一時帰国時などにおいてもSIMカードを差し替えることなく、従来通り、NTTドコモのサービスを利用できるようになっています。

マルチプロファイルSIMは通信事業者との接続に必要なプロファイルを1枚のSIMにあらかじめ複数格納し、滞在国や地域に応じて利用するプロファイルを自動的に切り替えるSIMアプリケーション(アプレット)を実装し、ジェムアルトが通信業界で培った長年の技術ノウハウを生かして高いセキュリティーを実現しているとのことです。

NTTドコモでは海外においても引き続きパートナーとの協創を進め、マルチプロファイルSIMの対象の国や地域を拡大し、人々がいつでもどこでも安心・便利につながる世界の実現を通じて、ユーザーの価値・感動の提供に取り組んでいくとしています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・報道発表資料 : (お知らせ)1枚のSIMでドコモと海外通信事業者の通信サービスが利用できるマルチプロファイルSIMを開発 | お知らせ | NTTドコモ

(引用元:livedoor news)