話題の次世代スマホ「iPhone X」の注目機能である顔認証「Face ID」が3Dプリントしたマスクで突破される…

0

iPhone XのFace IDが3Dプリンターで作ったマスクに破られる!


話題の次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の魅力は赤外線による3Dセンサーを利用した顔認証「Face ID」もそのひとつで、Appleでは既存の指紋認証「Touch ID」よりも認証精度が高いことを売りにしています。

実際に女性が化粧をする前と後でも問題なかったり、冬場はマスクをしてしまうとうまく認証されないといった問題もあるものの、かなり精度が高くかつ認証も速いため、ケースバイケースではありますが、Touch IDよりも便利な点も多くあるといった印象です。

そんなFace IDですが、ベトナムのセキュリティー関連企業であるBkavは10日(現時間)、3Dプリンターで作成した顔のマスクを使うことで破ることができたと発表しています。

そこまですれば……という感じではありますが、一部ではカメラは使っていないといった話も出ており、基本的に凹凸を利用しているのであれば、至ってまっとうな結果ではあります。

Touch IDも簡単に指紋を偽造できており、特に解像度の高い写真に手のひら側が写っていることが問題視されているくらいですし、どの認証も絶対はないので特別心配する必要はないとは思いますが。

同社では3Dプリンターで作成したフレームとシリコン製の鼻、そして顔写真(目部分)でFace IDを突破したとし、制作費用は150ドル(約17,000円)程度とのこと。もちろん、3Dプリンターが必要ですが、一般的なものでOKとのことなので、日本ならDMM.makeなどを利用すれば、誰でも作れそうです。

またBkavではFace IDのAi(人工知能)による学習効果を十分に理解し、逆に利用したことで突破できるとしており、iPhone Xの発表会でもAppleはハリウッドの特殊メイクアーティストやマスク製作者と連携してFace IDの開発に当たったとしていたため、単に顔全体を3Dプリンターで出力しただけではうまくいかず、フレームや鼻などを別にして微妙に変えつつ突破しています。

とはいえ、元になる3Dデータも最近は「Xperia XZ1」や「Xperia XZ1 Compact」などのように手軽に顔の3Dスキャンができるようになっているため、特にスキャンしたデータはTouch IDの手のひらの写真などと同じように公開などしないようにしたいところです。

動画リンク:https://youtu.be/i4YQRLQVixM

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPhone X 関連記事一覧 – S-MAX
・Face ID beaten by mask, not an effective security measure – Top News – Bkav Corporation

(引用元:livedoor news)