Appleが「iOS 12.4.7」を提供開始!iOS 13・iPadOS非対応のiPhone 5s・6・6 Plus、iPad Air・mini 2・mi…

0

AppleがiPhoneなど向けiOS 12.4.7をリリース!


Appleは20日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」において前バージョン「iOS 12」の最新版「iOS 12.4.7(16G192)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 12の対応機種ながら最新バージョン「iOS 13」や「iPadOS」には対応しないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)で、それぞれ無料でアップデート可能です。

変更点は重要なセキュリティー問題についての修正とされており、iOS 12.4.6ではCVEで公開されているセキュリティー問題の修正は含まれないとされていましたが、iOS 12.4.7では「詳細をまもなく公開する」としているため、何らかのCVEで公開されている脆弱性が修正されていると見られます。

またiPhone 6およびiPhone 6 PlusにおいてiOS 12.4.3および12.4.4、12.4.5、12.4.6では「IIJmio」や「mineo」などのVoLTEに対応したau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯電話サービスが使えない不具合がありましたが、iOS 12.4.7でも同様に手持ちのiPhone 6 Plusとmineo(Aプラン)のVoLTE対応SIMではアンテナマークが「圏外」となってしまって利用できない状態となっています。

iPhoneやiPad、iPod touch向けのプラットフォームは今秋からiPhoneとiPod touch向けがiOS 13、iPad向けはiPadOSに別れ、現在はそれぞれiOS 13.1およびiPadOS 13.1が最新バージョンとして提供されています。

今回、これらのiOS 13やiPadOS 13に対応しない製品向けに既存バージョンのiOS 12のセキュリティーアップデートが昨年では9月27日および10月28日、12月10日、今年に入っても1月28日、3月24日(ともに現地時間)に続いて配信されました。

更新は各製品本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。

なお、単体でアップデートする場合のダウンロードサイズは手持ちのiPhone 6 Plusで49.6MBとそれほどファイルサイズは大きくないですが、携帯電話ネットワークのデータ通信量(GB)を減らしたくない場合にはWi-Fiなどを利用しましょう。Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。

iOS 12.4.7には重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iOS 関連記事一覧 – S-MAX
・iOS 12.4.7 のアップデートについて – Apple サポート
・Apple security updates – Apple Support

(引用元:livedoor news)