JR東日本「中央本線」の四方津駅~猿橋駅間トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク・ワイモバイルの携…

0

JR中央本線の四方津駅〜猿橋駅間トンネル内で携帯電話が使えるように!


東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は27日、同社が運行する「中央本線」における「四方津駅〜猿橋駅」間のトンネル内(約7.7Km)で携帯電話サービスの提供を2020年3月10日(火)より順次開始すると発表しています。

対象はNTTドコモおよびau(KDDI)、ソフトバンク(ワイモバイル含む)およびその仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、鳥沢駅〜猿橋駅は3月10日始発より、四方津駅〜梁川駅は3月20日(金)始発より、梁川駅〜鳥沢駅は3月31日(火)始発より開始予定。

トンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが使用できない地域において移動通信用中継施設などを設置して携帯電話などを利用可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事が行われています。

JR東日本の中央本線では東京駅〜高尾駅間はすでにトンネル内対策済みで、猿橋駅〜大月駅間にはトンネルはなく、これまで高尾駅〜猿橋駅間のトンネル内の電波遮へい対策事業に基づいて工事を行ってきましたが、今回、四方津駅〜猿橋駅間における携帯電話サービスの提供が開始されます。

これにより、東京駅〜大月駅間では残る高尾駅〜四方津駅間のみとなりますが、この区間についても一部2Km以上のトンネルは対策済みながらそれ以外についてもトンネル内対策工事中だとしており、総務省では今回の区間も含めて2019年4月1日に電波遮へい対策事業の交付が決定されています。

区間 トンネル 交付額
四方津駅〜梁川駅 巌トンネル、新巌トンネル、新倉第一トンネル、新倉トンネル、新倉第二トンネル、新倉第三トンネル、梁川第一トンネル、新梁川第一トンネル、新梁川第二トンネル、梁川第二トンネル 2億2,305万5,000円
梁川駅〜鳥沢駅 巌山トンネル、御前山トンネル 8,861万1,000円
鳥沢駅〜猿橋駅 猿橋トンネル 8,739万6,000円
上野原駅〜四方津駅 新四方津第一トンネル、四方津第一トンネル、新四方津第二トンネル、四方津第二トンネル 8,861万1,000円
藤野駅〜上野原駅 新小渕第一トンネル、小渕第一トンネル、新小渕第二トンネル、小渕第二トンネル、新小渕第三トンネル、小渕第三トンネル、新諏訪トンネル、諏訪トンネル 1億898万1,000円
相模湖駅〜藤野駅 与瀬トンネル、横道第一トンネル、横道第二トンネル、橋沢トンネル、天屋トンネル、吉野トンネル、藤野トンネル、新藤野トンネル 9,777万7,000円
高尾駅〜相模湖駅 横吹第一トンネル、新横吹トンネル、小原トンネル、新小原トンネル、新平野トンネル、平野トンネル、新上の山トンネル、上の山トンネル 1億1,101万8,000円

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・(PDF)中央本線におけるトンネル内携帯電話サービスの一部開始について
・JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
・総務省|関東総合通信局|中央本線(高尾駅〜猿橋駅間)の トンネル内における携帯電話の利用に向けて 《「電波遮へい対策事業」の補助金交付を決定》

(引用元:livedoor news)