au向けフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip SCV47」を写真と動画で紹介!普通に使え、持ち運びはコンパク…

0

auの新しいフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip SCV47」を写真と動画でチェック!


既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向けに新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip(型番:SCV47)」(サムスン電子製)を2020年2月28日(金)に発売する。価格(税込)は直営店では179,360円である。

また新たに導入された残価設定型の端末購入施策「かえトクプログラム」の対象となっており、残価は本体価格の3分の1となる59,760円に設定され、分割24回払いのうちの23回まで支払った後に返却して次の製品を購入した場合、実質負担額が119,600円(5,200円/月×23回)となる。

なお、発売に先立ってすでに2月18日から事前予約受付が実施されており、販売拠点はauショップや量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などとなっている。本記事ではそんなGalaxy Z Flip SCV47について写真と動画で紹介する。


Galaxy Z Flip SCV47の開いた状態の正面。左がミラー ブラック、右がミラー パープル

Galaxy Z Flip SCV47はサムスン電子の新しいフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」のau版で、開いた状態では普通のスマホのように使え、縦に半分に折り畳むことでファッション性の高いコンパクトデザインで持ち歩けることがコンセプトとなっている。

同じく日本ではauのみから販売されていたサムスン電子のフォルダブルスマホ第1弾「Galaxy Fold」の横開きで開くと幅の広い約7.3インチのタブレットのようになるスタイルとは同じフォルダブルスマホでも大きく異なる。

開いたときに使えるメインディスプレイは非常に縦長なアスペクト比21.9:9の約6.7インチFHD+(1080×2636ドット)有機EL(AMOLED)「Infinity Flex Display」(約425ppi)で、HDR10+に対応する。サイズは開いた状態で約167×74×6.9〜7.2mm、閉じた状態で約87×74×15.5〜17.3mm、質量は約183gである。


Galaxy Z Flip SCV47は開いた状態でスマホと同じように使う。持った感じはとても薄い。横幅はiPhone 11が約75.7mm、iPhone 11 Proが約71.4mmなので中間といったところ

このように開いた状態では他のスマホよりも縦長ではあるものの、ほとんど普通のスマホとして使える。正面にはフロントカメラはディスプレイ上部中央にあるパンチホール部分に約1000万画素CMOS(1画素1.22μm)/広角レンズ(画角88°・F2.2)のセルフィーカメラが搭載されている。

またGalaxy Foldでは画面の表面に樹脂製フィルムが貼られていたため、折り曲げた跡がうっすらと確認できていたが、Galaxy Z Flipでは新たに開発した非常に薄いガラスフィルムに変更し、跡がより見えないようになっているという。実際に確認すると画面点灯時は気にならない程度となっている。ただし、画面が消えた状態では折れ曲がっているのが目で見てわかる程度となっている。


Galaxy Z Flip SCV47の開いた状態の背面。カラーバリエーションはミラー ブラック(左)とミラー パープル(右)の2色展開。ロゴなどが記載されているがうっすら確認できる程度

リアカメラを試しているところ。カメラアプリは他のGalaxyシリーズと同様となる

リアカメラは約1200万画素CMOS(1画素1.4μm)/広角レンズ(画角78°・F1.8)および約1000万画素CMOS(1画素1.12μm)/超広角レンズ(画角123°・F2.2)のデュアルカメラとなっており、メインとなる広角カメラはSuper Speed Dual Pixel AFやOIS(光学式手ブレ補正)に対応する。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855」(オクタコアCPU「2.9GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4」)、8GB内蔵メモリー(RAM)、256GB内蔵ストレージ、3300mAhバッテリー、USB Type-C端子、モノラルスピーカーで、外部ストレージスロットは搭載していない。


右側面には電源キーと音量上下キー、左側面にはSIMカードスロットが配置されている。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズが1つ

展示機で試した限りでは使っている最中に勝手に折れ曲がったりするようなことはなかった。ヒンジ部もGalaxy Foldと同様に20万回の開閉に耐えられる試験を実施しているということで、頻繁に開いたり閉じたりしても大丈夫そうである。

さらにGalaxy Z FlipではGalaxy Foldの経験を活かしてヒンジ部分に異物が混入しないようにブラシが内蔵されており、故障しないように工夫されているという。一方で折り畳む途中の段階で置いて使える「FLEX MODE」のような使い方もできるようになっているのは折り畳み型ならではと言える。


FLEX MODEでは鏡のように身だしなみチェックに使ったりもできそう。また置いて撮影できるため、長時間露光が必要な暗い場所や光の軌跡を撮影したい場合などに有効に活用できそう

折り畳んだ状態でも通知などを簡単にチェックするためにサブディスプレイとして約1.1インチ300×112ドットSuper AMOLEDディスプレイ(約303ppi)が搭載されている。カメラで自撮りをするときの簡易的なファインダーとしても使えるのも面白い。


折り畳んだ状態での正面。サブディスプレイが搭載されている

リアカメラのファインダーとしてサブディスプレイを使えるので、高画質なセルフィーも可能

折り畳んだ状態の裏面。これまでの写真でわかると思うが、カラーバリエーションの名前に「ミラー」と付いているように鏡面仕上げとなっており、指紋などはかなり目立つのでせっかくのファッション性の高いコンパクトデザインなので気をつけたい

Galaxy Z Fold SCV47のヒンジ部。「Galaxy」ロゴが配置されている

Galaxy Z Fold SCV47の先端部。開いた状態の下部側面にUSB Type-C端子とモノラルスピーカーが配置


折り畳んだ状態における左右側面。フレームは金属製となっており、アンテナラインが見える

ネットワークはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.0、ANT+、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・Galileo・GLONASS、BeiDou)に加え、携帯電話ネットワークは2×2 MIMOや5CAに対応した4G(LTE・WiMAX 2+)による下り最大479Mbpsおよび上り最大75Mbpsとなっている。

またSIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04」。連続待受時間は約390時間(4G LTEエリア/WiMAX 2+エリア)、連続通話時間は約2110分(VoLTE)、電池持ち時間は約110時間。指紋認証や顔認証、ハイレゾ、ワイヤレス充電、緊急速報メール、緊急通報位置通知、+メッセージ、テザリング(Wi-Fiでは最大10台)などに対応。

OSはAndroid 10をプリインストール。なお、au版はグロー向けと同じハードウェアで、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグなどの日本市場向けの機能には対応していない。最後にauの発表会の展示会場にて担当者にGalaxy Z Flip SCV47の特徴を聞いてきたので外観などとともに動画で紹介しておく。

【au向け「Galaxy Z Flip」の主な仕様】
機種名 Galaxy Z Flip SCV47
サイズ[高さ×幅×厚さ/?] オープン時:約167×74×6.9〜7.2mm
クローズ時:87×76×15.5〜17.3mm
質量[電池含む/g] 約183g
OS Android 10
メインディスプレイ[サイズ、解像度(横×縦)、方式] 約6.7インチ有機EL
FHD+(1080×2636ドット)
HDR表示
サブディスプレイ[サイズ、解像度(横×縦)、方式] 約1.1インチ有機EL
300×112ドット
SoC Snapdragon 855
CPU クアッドコアCPU
(2.9GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4)
内蔵メモリー(RAM) 8GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ(最大対応容量)
リアカメラ[有効画素数] 約1200万画素CMOS+約1200万画素CMOS
フロントカメラ[有効画素数] 約1000万画素CMOS
バッテリー容量 3300mAh(内蔵電池)
連続待受時間
[4G LTE/WiMAX 2+エリア(日本国内使用時)]
約390時間
連続通話時間
[VoLTE利用時(日本国内使用時)]
約2110分
電池持ち時間 約110時間
充電時間 TypeC 共通 ACアダプタ 01:約120分
TypeC 共通 ACアダプタ 02:約110分
接続端子 USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
受信時最大速度/送信時最大速度 479Mbps/75Mbps
Wi-Fi(周波数帯) IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
テザリング同時接続数(Wi-Fi/Bluetooth/USB) 10台/1台/3台
Bluetooth ○(5.0)
赤外線
防水・防塵 −/−
ワンセグ/フルセグ −/−
おサイフケータイ[FeliCa/NFC(FeliCa搭載)] −/ー
生体認証 ○(指紋、顔)
ハイレゾ
SIMカード au Nano IC Card 04
本体カラー ミラー パープル
ミラー ブラック
メーカー サムスン電子
記事執筆:S-MAX編集部
写真撮影:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・auから最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip SCV47」が発表!日本国内では独占販売で2月下旬発売予定。FeliCaなどには非対応 – S-MAX
・KDDI、au向け新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip SCV47」を2月28日に発売!価格は17万9360円で、かえトクプログラムの対象 – S-MAX
・Galaxy Z Flip 関連記事一覧 – S-MAX

(引用元:livedoor news)