モトローラの大容量5000mAhバッテリー搭載スマホ「moto g8 power」が技適通過!motorola one hyperやmot…

0

大容量5000mAhバッテリー搭載スマホ「moto g8 power」が技適通過!日本で発売へ


総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2041-3」(認証番号:018-190448)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年1月7日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2041-3はすでに海外で発表されているスマートフォン(スマホ)「moto g8 power」であることが判明しており、すでに同じく認証技術支援センターにて工事設計認証を取得している「moto g8 plus」や「motorola one hyper」とともに日本でも投入される計画であることが明らかになりました。

通例通りならmoto g8 powerは今春以降にSIMフリーで発売されるのではないかと予想されます。なお、moto g8 powerは欧州やインドなどで販売され、価格は欧州では229.99ユーロ(約28,000円)となっており、日本で販売されている前機種「moto g7 power」と同様にコストパフォーマンスの高い電池持ちの良い機種として人気となりそうです。


総務省によって公開されている認証情報

moto g8 powerは大容量5000mAhバッテリーを搭載したミッドレンジスマホで、画面左上にパンチホールを配置したアスペクト比9:19の縦長な約6.4インチFHD+(1080×2300ドット)IPS液晶「Max Vision display」(約339ppi)を搭載し、画面占有率は88%に達したほぼ全画面デザインを採用しています。

また外装は6000シリーズのアルミニウムとなっており、高級感のあるシンプルなデザインで、カラーバリエーションは欧州向けにはSmoke BlackおよびCapri Blueの2色がラインナップされています。また背面のMotorolaのロゴ部分には指紋センサーを搭載し、生体認証は他に顔認証もサポートしています。

カメラは背面が約1600万画素CMOS(1画素1.12μm)/F1.7・広角レンズに加え、2cmまで寄れる約200万画素CMOS(1画素1.72μm)/F2.2・マクロレンズや118°のワイド撮影ができる約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/F2.2・超広角レンズ、光学2倍相当の撮影ができる約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/F2.2・望遠レンズの4眼構成。

HDR撮影やポートレート撮影、パノラマ撮影、ベストショット撮影、マニュアルモード、RAW保存、ハイレゾズーム、スローモーションビデオ、タイムラプスビデオ、電子式手ブレ補正、Googleレンズなどに対応。前面が約1600万画素CMOS(1画素1.0μm)/F2.0・広角レンズの1眼構成。

主な仕様は11nmプロセスで製造されたQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 665(SM6125)」(オクタコアCPU「2.0GHz Kryo 260 Goldコア×4+1.8GHz Kryo 260 Silverコア×4」)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大512GB)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、マイク×2を搭載、Dulby技術に対応したデュアルステレオスピーカーなど。

なお、携帯電話ネットワークにおいて日本向けの周波数帯であるBand 19や26などに対応したSKUが用意されており、そのSKUの対応周波数帯は4GがBand 1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28、38、40、41、3GがBand 1、2、4、5、8、19、2GがBand 2、3、5、8となっています。その他の仕様は以下の表の通り。

製品名 moto g8 power
サイズ 約155.95×75.84×9.63mm
質量 約197g
OS Android 10
ディスプレイ 約6.4インチFHD+(1080×2300ドット)IPS液晶「Max Vision display」(約339ppi)
チップセット(SoC) Snapdragon 665
内蔵メモリー(RAM) 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大512GB)
リアカメラ クアッドカメラ[約1600万画素CMOS/広角・F1.7+約200万画素CMOS/マクロ・F2.2+約800万画素CMOS/超広角・F2.2+約800万画素CMOS/望遠・F2.2]
フロントカメラ シングルカメラ[約1600万画素CMOS/F2.0]
バッテリー容量 5000mAh
急速充電 TurboPower(15W)
接続端子 USB Type-C
無線LAN(Wi-Fi) IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 5.0
NFC
センサー 加速度、ジャイロ、近接、環境光、センサーハブ、指紋(背面)
位置情報取得 GPS、A-GPS、LTEPP、SUPL、Glonass、Galileo
SIMカード nanoSIMカード(4FF)×2(片方はmicroSDXCカードと共用)
本体カラー Smoke Black、Capri Blue
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・moto g8 power 関連記事一覧 – S-MAX
・総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索 | 018-190448

(引用元:livedoor news)