秋吉 健のArcaic Singularity:Bluetoothにさらなる自由を!低消費電力と高音質を両立した「LE Audio」…

0

新たに発表された「Bluetooth LE Audio」と、その音声圧縮方式「LC3」について詳しく解説!


Bluetooth規格の標準化団体「Bluetooth SIG」は6日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスで開催されている家電見本市「2020 International CES(以下、CES 2020)」にて「Bluetooth」の新しい音声用規格「Bluetooth LE Audio」を発表しました。2020年前半に仕様書の提供を開始するとしており、製品への実装は2020年後半から2021年頃を予定しています。

Bluetooth LE Audioでは新たに「LC3」と呼ばれる音声圧縮方式(音声コーデック)を採用し、高圧縮でも高音質を維持できる点を最大のメリットとしています。また「LE」(Low Energy)の名称が付けられているように低消費電力にフォーカスした仕様でもあり、ワイヤレスイヤホンなどで現在よりも長時間の連続駆動ができるとしています。

この他にもBluetooth LE Audioには「現代だからこそ」の仕様やメリットが多く盛り込まれています。Bluetooth LE Audioによって私たちの生活はどのように変わり、どこまで便利になるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はBluetooth LE Audioの仕様やそのメリットについて解説します。


Bluetoothはまだまだ進化する!

■20年以上も「唯一の“標準”音声圧縮方式」だったSBC

(引用元:livedoor news)