日本マイクロソフト、新開発のARMコアSoC「SQ1」搭載の13インチ2-in-1モバイルPC「Surface Pro X」を1月…

0

ARMコア搭載の13インチ2-in-1モバイルPC「Surface Pro X」が1月14日発売!


日本マイクロソフトは7日、MicrosoftとQualcommが共同開発した省電力で高性能なARMアーキテクチャーを利用したチップセット(SoC)「Microsoft SQ1」を搭載し、4Gによる高速通信と常時接続を実現する13インチサイズの2-in-1タブレットパソコン(PC)「Surface Pro X」を2020年1月14日(火)に発売すると発表しています。

また発売に先立って同日1月7日(火)より約受付を開始し、販路は一般向けが全国量販店および公式Webショップ「Microsoft Store」( https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-pro-x/8vdnrp2m6hhc )から、法人向けがMicrosoft認定のSurfaceリセラーおよび3000 社を超えるD-VAR(Device Value Added Reseller)各社、Microsoft Storeの法人窓口からとなっています。

価格(金額は記載がない限りすべて税別)は一般向けが129,800円から、法人向けが127,800円となっており、税込ではそれぞれ142,780円および140,580からとなります。さらにSurface Pro Xに対応するアクセサリーも販売され、Surface Pro Xが16,400円、Surface Pro X Signature キーボードが29,600円、Surface スリム ペンが15,900円などとなります。

【Surface Pro Xの参考価格(税別)】
モデル 価格
一般向け 法人向け
8GB RAM+128GBストレージ 129,800円 127,800円
8GB RAM+256GBストレージ 149,800円 147,800円
16GB RAM+256GBストレージ 185,800円 180,800円
16GB RAM+512GBストレージ 219,800円 214,800円

Surface Pro Xはこれからのデバイスの未来を定義する完全に新しい 2-in-1デバイスと定義されており、ARMアーキテクチャーを基盤とするSoCのMicrosoft SQ1を採用することで省電力性と高いパフォーマンス、4G(LTE方式)の高速データ通信機能を搭載し、同社の「Surface」シリーズ史上最薄となる7.3mmの薄型とEdge-to-Edgeの13インチディスプレイを実現しています。

またペンの新たなイノベーションとして別売のSurface Pro X Signature キーボードを利用時にはペンの格納とワイヤレス充電に対応します。これにより、ペンの紛失や電池切れを気にすることなく必要なときにペンを活用して直感的にアイディアを形にすることができるということです。

主な仕様は10点マルチタッチに対応したアスペクト比3:2の約13インチ2880×1920ドットPixelSenseディスプレイ(約267ppi/最大輝度450nits)およびLPDDR4x規格の内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージ(SSD)、約500万画素CMOSフロントカメラ、約1000万画素CMOSリアカメラ、IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)、Bluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)など。

インターフェースはUSB Type-C端子×2、Surface Connect ポート×1、Surface キーボードコネクタポート、nanoSIMカード(4FF)スロット×1で、サイズは約287×208×7.3mm、質量は約774g、本体カラーはマットブラック(カーボン コンポジット ファンレス熱冷却を備えた特徴的な陽極酸化アルミニウムケース)となっています。バッテリーは通常のデバイス使用時間で最大13 時間。

その他、デュアルマイクや加速度センサー、ジャイロスコープ、磁力計、光センサー、Dolby Audioに対応したステレオ スピーカー(2W)を搭載。顔認証「Windows Hello」に対応。SIMロックはかかっていないSIMフリーで、nanoSIMカードおよびeSIMをサポートするLTE Advanced Proに対応し、利用できる4Gの周波数帯はバンド1および2、3、4、5、7、8、12、13、14、19、20、25、26、28、29、30、38、39、40、41、46、66。

なお、OSとして一般向けモデルには「Windows 10 Home」、法人向けモデルには 「Windows 10 Pro」がプレインストールされているほか、一般向けモデルには「Office Home & Business 2019」がプレインストールされています。また量販店ではエディオンおよびケーズデンキ、上新電機、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラにて販売され、取り扱いがある店舗はプレスリリースをご参照ください。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Surface Pro X 本日 1 月 7 日 (火) より予約受付を開始、 1 月 14 日 (火) より発売開始 – Windows Blog for Japan

(引用元:livedoor news)