コスパの良いデュアルスクリーンハイエンドスマホ「LG G8X ThinQ」を契約なしの単体で買ってみた!購入…

0

話題だらけの個性派合体スマホ「LG G8X」のレポートスタート!


ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向けにディスプレイを搭載した専用ケースを装着することによって“デュアルスクリーン(2画面)”化できるフラグシップスマートフォン(スマホ)「LG G8X ThinQ(型番:901LG)」を12月6日に発売しました。

本機はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855(SM8150)」や6GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージを搭載したハイエンド級の性能に加え、防水(IPX5/IPX8)および防塵(IP6X)やアメリカ国防総省制定の試験規格である「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃などの耐性機能、ワイヤレス充電(Qi)に対応した非常に高性能なモデルとなっています。

また日本市場向けにワンセグおよびフルセグといった地上デジタルテレビやおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しつつ、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では本体価格(税込)が55,440円(1,155円/月×48回)と安く、さらに48回分割払いで購入して25ヶ月目以降に返却して次の製品に機種変更した場合に残りの残債が免除されるプログラム「トクするサポート」も利用できます。

そして何と言っても本機の最大の特徴として「LGデュアルスクリーン」と呼ばれる専用ケースを装着することで2画面スマホとして使えるのですが、この専用ケースが標準で同梱されています。文句なしのハイエンドスペックなスマホであり、さらにディスプレイが追加される合体型の特殊な専用ケースが同梱しているにもかかわらず、本体価格55,440円と驚くべき高いコストパフォーマンスとなっていると思われます。

今回、筆者はこのLG G8X ThinQを家電量販店にてSoftrBankの携帯電話回線契約を伴わない単体購入という形で入手しました。そこで今回は、実際に家電量販店でSoftBankの製品を単体購入をする場合の流れと、購入後すぐにSIMロック解除を行い、さらに開封して同梱品の紹介までをお送りいたします。

【量販店でソフトバンクスマホを単体購入する】

今回、筆者はショッピングセンター内にテナント出店していた家電量販店にてLG G8X ThinQを購入しました。購入に当たってSoftBankがトクするサポートの発表を行った際に「SoftBankの製品を取り扱うすべての販路にて単体購入をできるようにしていく」という旨を明らかにしたことからソフトバンクショップ以外での購入を目論んでいました。


筆者が本機を購入した埼玉県浦和にあるショッピングセンター内の家電量販店「ジョーシン(上新電機)」

当初は「単体購入の受付できます」と対応をしてくれたショッピングセンター内の他の携帯電話販売コーナーでの購入を予定しており、実際に発売前に予約をしていました。しかし、発売日になっても入荷されず、問い合わせをしてみても「入荷までどれだけかかるかわからない。最長で1か月くらいはみて欲しい」と言われたため、近隣の「ソフトバンクショップ以外の」取扱店を探すことに。

そうした中で店頭在庫のあった(購入した店舗以外の)家電量販店の中には「ウチでは契約なしでの単体販売は一切行っていない」と残念な対応だった店もあったものの、ようやく「単体購入できる」という在庫のある店舗へたどり着いたわけです。なお、今回の(家電量販店での)単体購入は以下の流れで行われました。

店員にG8X ThinQの在庫があるかを尋ねる

在庫があるのを確認したところで、単体購入を希望する意思を伝える

店内のカウンターにて個人情報の入力と説明(これが長い)

会計

製品受け取り

店員に製品の単体購入の意思を伝えるところまではすぐなのですが、家電量販店なので一般に販売されているSIMフリー製品を買う場合と違い、回線の加入はされないものの、携帯電話回線の新規契約での購入手続きとほぼ同じ手順での購入者の個人情報を登録する必要(免許証のコピーの提供や住所・電話番号の登録など)がありました。

家電量販店などで携帯電話回線の新規契約を行ったことのある人はわかるかと思いますが、これが大変に時間がかかります。店員によると「購入した製品の個体番号と購入者のデータの紐づけたものを登録しておくことで、初期不良や端末の修理受付などのサポートをスムーズに行うため」(これはメーカーが修理の窓口にはならずにソフトバンクが修理の受付を行うためであるとのこと)だそうです。


特に携帯電話回線契約はしていないのですが、携帯電話回線契約をするときの機種変更で購入をするのとと同じくらいには時間がかかっている気がしました

ちなみに単体購入の意志は伝えていますが、購入の手続き時にソフトバンクへの加入は勧められています。一応、この店舗のルールとして単体購入希望のすべての客に対して紹介しているそうで、断ればそのまま単体購入する流れとなっていました。

そうして長い個人情報の登録などの手続きを終えて、最後に会計をして購入完了です。余談ですが、今回購入したのはジョーシンのため、NTTドコモのポイントサービスである「dポイント」を貯めることができます。家電量販店で購入を行う場合、各種ポイントサービスの特典が得られる場合もあり、この点もソフトバンクショップ以外で購入するメリットの1つとなるかと思います。

時間こそかかったものの、30〜40分ほどで購入の手続きが終了し、製品を受け取りました。その際に店員より「SIMロック解除については当店ではできませんので、SIMロック解除を行うには製品をソフトバンクショップへ持って行って手続きをしてもらってください」と案内を受けました。

ソフトバンクショップにて製品の単体購入を行った場合、その場でSIMロック解除の手続きを申請することができますが、今回のように家電量販店で購入した場合はさらにソフトバンクショップへ購入した製品を持ち込んでSIMロック解除の手続きをしないといけません。ということで、さっそく筆者は同じショッピングセンター内にあるソフトバンクショップへ向かいSIMロック解除の手続きをしてきました。


この店では契約なし製品を持ち込んでのSIMロック解除は初めてだったとうことで少々スタッフが手間取っていましたが、すぐに解除の手続きをしてくれました

回線契約なしで購入したソフトバンクのスマホやタブレットなどのSIMロック解除をする場合、分割払いでの購入の場合においては製品の購入から100日が経過していないと受け付けてもらえませんが、分割払い購入でも「クレジットカードでの支払い」の場合や一括払い購入の場合は購入したその日からSIMロックの解除を受け付けてもらうことができます。

そして、製品購入当日にSIMロック解除の申請をした場合、通常は3,000円(税別)かかるSIMロック解除手数料が免除されます。ちなみに製品を持ち込んでのSIMロック解除はソフトバンクショップでSIMロック解除コードが発行され、それを自身で入力するという形となります(つまり、iPhoneシリーズやPixelシリーズ以外のSIMロック解除の場合はソフトバンク以外のSIMカードが必要になります)。


ショップにて発行された解除コードをその場で入力してSIMロックを解除しました(もちろん、解除コードをメモなどに控えてから持ち帰った後でもOKです)

これにて製品契約なしでの購入が完了しました。店舗の混み具合にもよるとは思いますが、製品購入からSIMロックの解除手続きが終わるまでに1時間近くかかってしまいました。もし、携帯電話回線契約なしでの購入を考える場合はある程度の時間の余裕をもってお店へ行ったほうがいいかもしれません。

【早速開封!同梱品などをチェックする!】

それでは、続いてLG G8X ThinQの個装箱を開けて同梱品をチェックしてみましょう(購入が上記のようなことになったので「購入時やSIMロック解除手続きのときにすでに空けてる」とか言わないように)。


LG G8X ThinQの個装箱の中身

内容物としてはLG G8X ThinQの本体のほか、クイックスタートガイドなどのマニュアル類(数点)およびSIMピン、カナル型有線イヤフォン、クリアカバー(TPU製)、LG Dual Screen、LG Dual Screen用充電コネクターが入っていました。本体以外で特に重要なものは本機のキモとなる専用ケースである「LG Dual Screen」と「LG Dual Screen用充電コネクター」でしょう。

中でもLG Dual Screen用充電コネクターはLG G8X ThinQをDual Screenと接続している場合は通常のUSB Type-C端子をそのまま使って充電することができなくなるので、紛失に注意しましょう。もちろん都度、本体を取り外すしてUSB Type-Cケーブルを使うか、あるいはQiでの充電であれば、そのままできるのですが。


充電コネクターはUSB Type-Cから変換して使用する

ちなみにLG Dual Screenとその専用充電コネクターは保守パーツ扱いでLGエレクトロニクスのサポートから注文することができます(故障時の修理対応はソフトバンクが窓口になります)。紛失した場合や予備が欲しい場合は問い合わせてみましょう。

その他の注意点としては付属のイヤフォンがワンセグ・フルセグ機能利用時のアンテナの機能を兼ねていること、クリアカバーはDual Screen非利用時用であること、USB充電器やUSB Type-Cケーブルなどは付属していないため、持っていないなら自分で充電器やケーブルを用意する必要があるということでしょうか。また本機はQiにも対応しているので、充電ならそちらも。

ということで、今回は量販店での携帯電話回線契約なしでの単体購入からSIMロック解除、開封して内容物のチェックを急ぎ足でお送りいたしました!次回は外観の紹介やプリインストールアプリを確認していこうと思います!!

記事執筆:河童丸

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・LG G8X ThinQ 関連記事一覧 – S-MAX
LG G8X ThinQ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
LG G8X ThinQ | ソフトバンクオンラインショップ

(引用元:livedoor news)