富士通、SIMフリーエントリースマホ「arrows M05」を発表!5.8型FHD+液晶やS450、3GB RAM、FeliCaなど。…

0

SIMフリースマホ「Fujitsu arrows M05」が登場!


富士通コネクテッドテクノロジーズ(以下、FCNT)は11日、同社が独自に培ってきた見やすさ・使いやすさ・あんしんを追求した“あんしん”スマートフォン(スマホ)としてSIMフリーモデル「arrows M05」を発表しています。計22社の量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売され、発売日は2019年12月18日(水)より順次となるとのこと。

価格は量販店・ECサイトでは税抜36,182円(税込39,800円)の10%(3,980ポイント)還元などとなっているほか、すでに取り扱いを表明しているMVNOではmineoが税抜32,880円(税込36,168円)、NifMoが新規契約および他社から乗り換え(MNP)で税抜34,800円(税込38,280円)、機種変更で32,800円(税込36,080円)と案内しています。

arrows M05は防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の落下項目に準拠した耐衝撃性能、さらに紛失や落下の防止に役立つストラップホールなど、日本メーカーによる安心して長く使うためのこだわりが満載のエントリースマホです。

画面は上部中央に幅の広いノッチ(切り欠き)のあるアスペクト比9:19の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)液晶ディスプレイ(約435ppi)を搭載し、文字やアイコンがより大きく見やすく、操作も分かりやすくなっているため、スマホ初心者でも迷わずに使えるようになっています。

また「シンプルモード」に設定すると「シンプルホーム」および「はっきり文字」、「かんたんセット」を一括で設定可能。背面には指紋センサーを兼ねたarrows独自の「Exlider」を搭載し、指でセンサーに触れ続けてなぞると画面を拡大でき、通常は拡大できないホーム画面やSNS画面もかんたんに見やすい大きさで表示できます。

さらにパスワードやカード番号などの個人情報を登録できる「パーソナルノート」は背面の指紋センサーで認証することで簡単に個人情報を呼び出すことができ、Webサイトやアプリなどでログインしたり、ショッピングで情報を入力することが安全に行えるということです。また電子マネーやクーポンなどとして使える「おサイフケータイ(FeliCa)」にも対応。

基本仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 450」(1.8GHzオクタコアCPU)および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大400GB)、2880mAhバッテリー(取外不可)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、NFC Type A/Bなど。

サイズは約149×72×8.8mm、質量は約166g、本体カラーはブラックおよびホワイトの2色展開。本体の右側面には電源キーや音量上下キーの他にGoogleアシスタントなどを起動できる「アシスタントキー」が搭載され、左側面にはカードスロット、上側面には3.5mmイヤホンマイク端子、下側面にはUSB Type-C端子(OTG対応)や外部スピーカーが配置されています。

カメラは背面のリアカメラが約1310万画素CMOS+約500万画素CMOSのデュアルレンズカメラ、前面のフロントカメラが約800万画素CMOSのフロントカメラとなっており、ともに手ぶれ補正やフラッシュに対応し、リアカメラは背景をぼかしたポートレートモードやHDR撮影、美肌補正などにも対応しています。

Android 9.0(開発コード名:Pie)など。文字入力アプリは「Super ATOK ULTIAS」をプリインストール。ハイレゾ音源にも対応。連続通話時間はVoLTEで約1150分、3Gで約960分、2Gで約980分、連続待受時間はLTEで約540時間、3Gで約570時間、2Gで460時間。SIMカードスロットはnanoSIMカード(4FF)サイズが1つ。

携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)には対応せず、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsで、対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および3、5、12、17、18、19、26、3GのW-CDMA方式でBand 1および5、6、19、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHz。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・arrows M05 関連記事一覧 – S-MAX
・「arrows M05」新発売〜読みやすい文字とかんたん操作、日本メーカーのあんしんスマホ〜 : 富士通コネクテッドテクノロジーズ
・mineo 新端末「arrows M05」の販売開始について │ プレスリリース │ オプテージ
・arrows M05 – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

(引用元:livedoor news)