秋吉 健のArcaic Singularity:LTPOってなんだ?Apple Watch Series 5の画面常時表示を実現させた新素材…

0

省電力ディスプレイを実現する素材「LTPO」について考えてみた!


9月20日に発売されたApple(アップル)製新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」は、みなさん購入されたでしょうか。5世代目となる本機には、1つの大きな進化がありました。それは時計や通知情報の「常時表示」です。

それまでのApple Watchシリーズでは、何も操作をしない状態では画面表示が消え、手首を返したり上に持ち上げる動作をすると、内蔵された加速度センサーなどが動きを検知して画面表示を行う仕様でした(Apple Watch Series 5でも同様の動作へ設定可能)。

ディスプレイを常時表示するとなると、気になるのはバッテリー駆動時間です。普通なら「常に画面を表示していたらバッテリー駆動時間が極端に短くなってしまうのでは?」と考えてしまうところですが、常時表示に対応していない前機種である「Apple Watch Series 4」と同じ18時間駆動を実現しています。

これは従来のスマートフォン(スマホ)やケータイのディスプレイ技術を知る人ほど不思議に感じてしまう、まるで魔法のような技術です。種明かしをすれば、「LTPO」というディスプレイ駆動素材と高効率な電源管理IC、そして環境光センサーによる見事な連携プレイによって実現したものですが、その中でも特筆に値するものと言えば、ディスプレイ技術に用いられたLTPOでしょう。

LTPOとは一体どのような素材なのでしょうか。また今後他の機器への投入はあるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はディスプレイの省電力化を実現する素材「LTPO」について解説します。


見た目は前機種とほぼ同じだが、その中身は大きく進化している

■ディスプレイとトランジスタ層素材の歴史

(引用元:livedoor news)