Google、スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」になると発…

0

スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」に!


Googleは22日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の次期バージョンは「Android 10」が正式名になると発表しています。これまでは開発コード名としてアルファベット順の頭文字によるお菓子の名前が付けられていましたが、Android 10からは廃止されてバージョンの数字だけとなるとのこと。

現在、ベータ版「Android Q」として提供していますが、正式版以降はAndroid 10となります。同社ではお菓子の名前の開発コード名を廃止する理由として全員がそれらの名前を常に理解しているわけではなく、特にグローバルでは一部の言語ではLとRの区別はできず、命名規則を把握していない人にとってはそれが新しいバージョンかどうかを理解するのが困難だとしています。

さらにAndroidのブランドについても時間とともに進化しており、2014年にロゴとブランドカラーを更新していますが、今年はよりモダンでアクセスしやすい外観を導入し、ロゴを新しくしました。Androidロボットはそのまま緑ですが、文字が緑から黒(または白)に変更され、背景の色によって視覚障害のある人でもコントラストを改善して見やすくしているということです。

Androidは過去10年に渡ってオープンプラットフォームとしてスマホなどの製品やアプリで世界中の消費者にリーチし、メーカーや開発者による活発なコミュニティーを作り上げられ、製品も携帯電話からタブレット、車、時計、テレビなどにまで拡大しており、世界中で25億を超えるアクティブな製品で利用されています。

そのようなグローバルオペレーティングシステムとして世界中のすべての人に関連していることが重要で、名前が明確である必要があるため、Androidの次のバージョンでは単にバージョン番号を使用してAndroid 10と呼ぶことになったということです。これにより、グローバルコミュニティーにとってリリース名がよりシンプルで直感的になると同社では考えているとのこと。

バージョン 開発コード名 リリース日 APIレベル
Android 1.0 不明 2008年9月23日 1
Android 1.1 不明 2009年2月9日 2
Android 1.5 Cupcake 2009年4月27日 3
Android 1.6 Donuts 2009年9月15日 4
Android 2.0、2.1 Eclair 2009年10月26日 5〜7
Android 2.2 Froyo 2010年5月20日 8
Android 2.3 Gingerbread 2010年12月6日 9〜10
Android 3.0、3.1、3.2 Honeycomb 2011年2月22日 11〜13
Android 4.0 Ice Cream Sandwich 2011年10月18日 14〜15
Android 4.1、4.2、4.3 Jelly Bean 2012年7月9日 16〜18
Android 4.4 KitKat 2013年10月31日 19〜20
Android 5.0、5.1 Lollipop 2014年11月12日 21〜22
Android 6.0 Marshmallow 2015年10月5日 23
Android 7.0、7.1 Nougat 2016年8月22日 24〜25
Android 8.0、8.1 Oreo 2017年8月21日 26〜27
Android 9.0 Pie 2018年8月 6日 28
Android 10 2019年夏 29

もちろん、毎年外部からもお菓子の名前の開発コード名がメジャーバージョンリリースの楽しい部分になっており、次の「Q」ではじまる魅力的なデザートもたくさんあったとしていますが、バージョン10および25億のアクティブな製品が利用されているこのタイミングでこの変更を行う時が来たと説明しています。


Androidの新しいロゴ
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Android Q 関連記事一覧 – S-MAX
・A pop of color and more: updates to Android’s brand

(引用元:livedoor news)