ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 5Q ZC600KL」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソ…

0

エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Q ZC600KL」がAndroid 9.0 Pieに!


ASUS JAPAN(以下、エイスース)は16日、昨年5月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 5Q(型番:ZC600KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年7月16日(火)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は単体で無線LAN(Wi-Fi)やモバイル回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新ファイルは単体で行う方法なら約1.65GBで、更新は単体で行う場合には「設定」→「システム」→「システムアップデート」より行います。なお、ファイルサイズが大きいのでWi-Fiが推奨されています。

更新後のビルド番号は「JP_16_0610_1905_79」。ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認可能。対象製品はルージュレッド(型番:ZC600KL-RD64S4)およびムーンライトホワイト(型番:ZC600KL-WH64S4)、ミッドナイトブラック(型番:ZC600KL-BK64S4)。案内されている更新内容は以下の通り。

Android 9.0で利用可能となる主な機能
1)「ナビゲーションバー」の画面表示が仕様変更
 画面下のバーのうえで右や上にスワイプ、また長押しをすることで、アプリの履歴やGoogleアシスタントなど、表示するアプリを素早く切り替えられます。
 ※システムアップデート後も従来のナビゲーション表示がデフォルト設定になります。「設定」→「ディスプレイ」→「ナビゲーションバー」→「ナビゲーションバーのタイプ」から新規追加されたナビゲーションバーへ変更することができます。
2)「最近使用したアプリ」の画面表示が仕様変更
 画面右下の「マルチタスクボタン」をタップした時の表示仕様も変更になり、左から右へスワイプすると、起動中のアプリの履歴が表示されて、カードの下側にあるボタンで、「アプリ情報」の表示や「マルチウインドウ」にすぐ切り替えることができます。
3)「自動調整バッテリー」機能をサポート
 アプリの使用状況は時間の経過と共に、スマートフォンが学習します。使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池を長持ちさせる機能です。
4)通知がより細かく制御できるように仕様変更
 「設定」から「アプリと通知」を開き、「最近開いたアプリ」の項目からアプリを選択後に「通知」を選択することで、アプリ使用時に表示される通知内容を細かく制御できるようになりました。
5)端末の音量ボタン押下時の画面表示が仕様変更
 音量ボタンを押下後、 音量ボタンのすぐ近くに設定画面が表示されるようになり、端末を持ちながらでも音量の各種設定変更がしやすくなり、音量に関する詳細設定にも素早くアクセスできるようになりました。

ZenFone 5Q ZC600KLは昨年のフラッグシップモデル「ZenFone 5」シリーズの廉価版で海外では「ZenFone 5 Lite」としても発売されているミッドレンジスマホです。画面はノッチやパンチなどの切り欠きがないアスペクト比9:18の縦長な約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶を搭載。

主な仕様はSnapdragon 630および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3300mAhバッテリー、microUSB端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、nanoSIMカード(4FF)スロット×2など。

カメラは背面が約1600万画素CMOS+約800万画素CMOS、前面が約2000万画素CMOS+約800万画素CMOSとリアカメラ・フロントカメラともにデュアルカメラとなっています。サイズは約160.5×76×7.7mm、質量は約168g。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・ASUS JAPAN、最新フラッグシップなどのSIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」および「ZenFone 5 ZE620KL」、「ZenFone 5Q ZC600KL」を5月18日より順次発売 – S-MAX
・クアッドカメラを搭載したエイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Q ZC600KL」を写真と動画で紹介!フロントカメラの「超自撮り」を思い切り楽しもう【レポート】 – S-MAX

発売時にはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を搭載していましたが、今回、Android 8.x(開発コード名:Oreo)を飛ばして最新のAndroid 9.0 Pieが提供開始されました。更新方法はホーム画面に更新通知メッセージが表示されたら矢印をタップしてファームウェアのアップデートを実行し、アップデートをすぐに実行する場合は「インストール」をタップします。

インストールが完了したら自動で再起動します。再起動後に「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の部分に記載されている数字が上記のビルド番号になっていることをご確認ください。なお、更新する際における注意事項は以下のように案内されています。

※アップデートを行うと元のバージョンに戻すことはできません。
※アップデート中は電源を落とさないでください。デバイスが起動しなくなる恐れがあります。アップデート中は電源が切れないようにACアダプターを接続して行ってください。
※アップデートは、デバイスに保存されたデータを残したまま行うことができますが、状態によっては、データの保護ができない場合があります。アップデートを行う際、大切なデータは事前にバックアップを行ってください。
※現在お使いのアプリが、Android 9.0には対応していない場合があります。Android 9.0へアップデート後のアプリの不具合に関しては、各アプリベンダー様へお問い合わせください。

ASUS ZenFone 5Q 【日本正規代理店品】 6.0インチ / SIMフリースマートフォン / ルージュレッド (4GB/64GB/3,300mAh) ZC600KL-RD64S4/A [エレクトロニクス]
Asustek
2018-05-18


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・ZenFone 5Q ZC600KL 関連記事一覧 – S-MAX
・「ZenFone 5Q (ZC600KL)」に、Android 9.0への FOTAアップデート開始

(引用元:livedoor news)