KDDI、デュアルSIM対応のiPhone XS・XS Max・XR向けサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を4月…

0

デュアルSIM対応iPhone向けサービス「海外データeSIM」がスタート!


KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、デュアルSIMに対応した「iPhone」シリーズを利用している人が北米などへ渡航した際に2回線目として現地データ通信が利用できる国内通信事業者初のサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を2019年4月17日に提供開始すると発表しています。

海外データeSIM powered by GigSkyは世界中でトラベルSIM事業を展開する「GigSky」が運営するプラットフォームを活用することで提供し、専用アプリで事前に利用する期間とデータ量を決めてプラン購入できるため、簡単かつ安心に利用可能となっています。

またauでは980円/回(24時間)で海外データ通信が利用できる「世界データ定額」を提供していますが、海外データeSIM powered by GigSkyは「いつも国内で使っているiPhoneを長期の海外滞在時もお得に使いたい」というニーズに応えたものだとのこと。

これにより、旅行に加えて留学や出張などの長期滞在時でもモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることなく手持ちのiPhoneだけで、快適でお得にデータ通信を利用できるようになるとしています。

海外データeSIM powered by GigSkyはデュアルSIMに対応しているiPhoneシリーズにおいて普段利用しているSIMカードではないeSIMを利用したサービスで、専用アプリから申し込むだけでSIMカードの抜き差しなどの必要がなく利用できるようになります。

対応機種はデュアルSIMに対応している「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」で、対象地域はアメリカ(本土・ハワイ・アラスカ)およびカナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島となっています。

料金は30日プラン(5GB)が5,800円、30日プラン(8GB)が8,900円(ともに不課税)で、対象地域でデータ通信を開始してから30日後の同時刻まで利用可能。利用はアプリ配信マーケット「App Store」から「海外データeSIM」アプリをダウンロード・インストールして行います。

海外データeSIMアプリからアカウントの作成および支払方法の設定、プラン購入を行い、eSIM情報をダウンロードし、対象地域に到着後に現地ネットワークへの接続により自動で利用開始となります。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・日本初となるeSIMサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を提供開始 | 2019年 | KDDI株式会社
・海外データeSIM powered by GigSky | 海外で使う(au世界サービス) | au

(引用元:livedoor news)