シャープ、4.9インチFHD+ハイスピードIGZO液晶搭載のプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R Compact」を…

20

シャープがプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R Compact」とスタンダードスマホ「AQUOS sense」を発表!


シャープは13日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、同社の「AQUOS」シリーズのスマートフォン(スマホ)におけるフラッグシップモデル「AQUOS R」に新たに“プレミアムコンパクト”スマホ「AQUOS R Compact」を追加し、2017年冬モデルより製品化すると発表しています。

また同社はすでに10日にauから発表されている“新スタンダード”スマホ「AQUOS sense」についても製品化し、新たにスタンダードラインのシリーズ名称を2017年冬モデルより「AQUOS sense」として展開します。

AQUOS senseはau向け「AQUOS sense SHV40」のほか、NTTドコモ向け「AQUOS sense SH-01K」なども投入することが判明しており、AQUOS R Compactともに今冬より各携帯電話会社から販売される予定です。

AQUOS R Compactはシャープの新しいフラッグシップコンパクトスマホシリーズで、以前に展開していたディスプレイの上左右の3辺における周りの縁(ベゼル)が狭い狭額縁デザイン「EDGEST」が進化し、新たにAQUOSシリーズとして初めて「IGZOフリーフォームディスプレイ」を搭載したことによって実現した丸みのある形状の「EDGEST fit」を採用しました。

これにより、従来までの4.7インチサイズと同等の横幅66mmのコンパクトサイズに4.9インチになり、片手にフィットして持ちやすさを向上しています。またディスプレイの上部内側に配置したフロントカメラによって自然な目線での自撮りも可能で、広角23mm相当(35mm換算)のレンズを搭載。

ディスプレイは倍速120Hz駆動の「ハイスピードIGZO」や「バーチャルHDR」、高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」をサポートし、解像度も高くなった約4.9インチフルHD+(1080×2032ドット)IGZO液晶ディスプレイとなっています。本体色はベースカラーとしてムーンホワイトおよびトルマリンブラックの2色が用意され、販売する携帯電話会社ごとに限定カラーが用意される予定。

チップセットは14nmプロセスで製造された64bit対応のQualcomm製「Snapdragon 660」(2.2GHz Kryo 260×8コアCPU、GPU「Adreno 512」)、内蔵メモリー(RAM)は3GB LPDDR4、内蔵ストレージは32GB。リアカメラは広角25mm相当(35mm換算)レンズで、像面位相差オートフォーカス(PDAF)およびコントラストAFによるハイブリッドAFに対応しています。


AQUOS R Compact

一方のAQUOS senseは主な仕様はすでにau向けが発表されているので、他についてもほぼ同様となると見られますが、約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶ディスプレイやQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8953)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどとなっています。

こちらも本体色はベースカラーとしてシルキーホワイトおよびベルベットブラックの2色が用意され、販売する携帯電話会社ごとに限定カラーが用意される予定で、au向けではミスティピンクが追加されています。


AQUOS sense
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・KDDI、au向けシャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」を発表!5インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、防水、おサイフケータイなどで11月上旬に発売 – S-MAX
・フラグシップスマートフォン「AQUOS R」に新たにコンパクトモデルを追加 |ニュースリリース:シャープ
・スマートフォン「AQUOS」新スタンダードシリーズ「AQUOS sense」を製品化 |ニュースリリース:シャープ

(引用元:livedoor news)