耳の聞こえづらい人などでも音声通話ができる!NTTドコモ、自動テキスト化などによるスマホなど向け通話…

0

docomoのスマホアプリ「みえる電話」が正式リリース!トライアルは終了へ


NTTドコモは21日、耳の聞こえづらい人など向けに通話相手の発話内容を画面上に文字で表示するスマートフォン(スマホ)など向けサービス「みえる電話」を2019年3月1日(金)10時から提供すると発表しています。利用料は無料(別途、通話料およびパケット通信料がかかります)で、申込などの必要はなくアプリをインストールすれば使えます。

アプリはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)以上およびiOS 11以上で、利用にはNTTドコモの回線契約が必要です。なお、トライアルサービスを利用中の場合にはAndroidならアプリのアップデートでOKですが、iPhoneなら新たにアプリをインストールする必要があります。また正式版の提供開始に合わせて2019年3月14日(木)15時にトライアルサービスを終了します。

みえる電話はスマホなどに専用アプリをダウンロード・インストールして利用することで、画面上にリアルタイムで文字表示された内容を確認しながら通話を行うことができるため、耳の聞こえづらい人などが安心して電話を使えるサービスです。また、NTTドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、通話相手はアプリの準備が不要なので相手を選びません。

以前に紹介したようにトライアルサービスを2016年10月から提供しており、これまでに約2000人が利用したとのことで、利用者からは「ずっと待ち望んでいた夢のようなサービス」や「自分ひとりで24時間いつでも電話ができるので助かる」といった声が届いたということです。

さらにその他に届いた多数の意見や要望を踏まえ、今回の正式版の提供開始に合わせて専用の電話番号ではなく自身の携帯電話番号での発着信対応や発信可能な連絡先にフリーダイヤル・ナビダイヤル・特番を追加するなどの機能拡充を行うことになりました。


みえる電話アプリの画面

主な機能は、1)通話相手の話した内容をリアルタイムで文字表示、2)利用者が入力した文字情報をリアルタイムで通話相手に音声変換となっており、トライアルサービスからの改善点は以下の通り。なお、通話先は局番なしの3桁の番号などの特番に対応しますが、110番や118番、119番などの一部番号には対応していないとのこと。

トライアルサービス 3月1日から提供するサービス
事前に専用サイトでの申込みが必要 事前の申込み不要で、専用アプリをダウンロードすることで利用可能
050で始まる専用の電話番号で発着信 お客さまご自身の携帯電話番号で発着信
フリーダイヤル・ナビダイヤル・特番への発信は不可 フリーダイヤル・ナビダイヤル・特番への発信が可能
「みえる電話」利用者同士の通話は不可 「みえる電話」利用者同士での通話が可能


アプリ名:みえる電話
価格:無料
カテゴリー:通信
開発者:NTT DOCOMO
バージョン:1.1.1
Android 要件:4.3以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.nttdocomo.mierudenwa


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・みえる電話 関連記事一覧 – S-MAX
・報道発表資料 : 耳の聞こえづらいお客さま向けサービス「みえる電話」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
・みえる電話|聞き取れないの不安をなくす|NTTドコモ

(引用元:livedoor news)