秋吉 健のArcaic Singularity:暴走気味なスマホ価格の高額化。メーカー各社のハイブランド戦略とそれに…

20

ハイエンドスマホの高額化とスマホ価格の二極化について考えてみた!


今月10日、Googleが都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した新型スマホ「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を発表しました。すでにNTTドコモとソフトバンク、およびGoogle公式オンラインショップ「Gooleストア」(SIMフリー版)から11月1日に発売が予定されていますが、その価格は最も安いPixel 3/64GBモデルで95,000円(以下、全て税込)、最も高いPixel 3 XL/128GBモデルで131,000円となっています。

これまでGoogleの発売するAndroidスマホはリファレンスモデル的な位置付けとして市場からは捉えられ、性能面はオーソドックスながらも価格は比較的安価なイメージがありました。しかし今回は単なるサイズ違いではなく上部に切り欠きのあるノッチデザインを採用したモデル(Pixel 3 XL)を個別に用意したり、無接点充電「Qi」の採用やカメラ機能の充実を図るなど他社ハイエンド製品にも劣らない仕様を満載し、価格も予想を遥かに上回る約10万〜13万円となりました。

筆者の友人の1人は「今iPhone 7使ってるしiPhone XSが欲しいけど値段が高くて……」と、安価なAndroidスマホへの機種変更も視野に入れていたようですが、Pixel 3シリーズに限らずGalaxyやXperiaといった有名ブランドのスマホが軒並み高額で、結局「あまり変わらないならiPhoneでいいか」とOS変更を諦めていました(なお、比較的安価なHUAWEI端末なども勧めてみましたが反応はイマイチでした)。

筆者自身もiPhone XSが発表された際、あまりの価格の高さに少し驚きつつ「でもiPhone 8が安くなるから……」と苦しい言い訳を自分へ言い聞かせていましたが、絶対値としてのハイエンド製品の高額化は業界全体の流れとして正しく受け止めなければならないでしょう。一方で、比較的安価で必要十分な性能の魅力的な端末も増えてきているのは事実です。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなスマホの価格の高騰や二極化を中心にこれからの市場動向を占ってみたいと思います。


スマホはどこまで高くなるのか

■スマホの「恐竜化」が止まらない

(引用元:livedoor news)