CEATEC JAPAN 2018:ライテックが世界初の塩と水から電力を作る画期的なモバイルバッテリー「JAQ Hybrid…

20

燃料電池が併用できるハイブリッドなモバイルバッテリー!


幕張メッセ(千葉県千葉市)で10月16日(火)から19日(金)の4日間に渡って開催されたIT関連の国際的な展示会「CEATEC JAPAN 2018」において、ライテックのブースでは、燃料電池を利用できるハイブリッドなモバイルバッテリー「JAQ Hybrid パワーバンク」を出品していた。

通常のモバイルバッテリーとして利用できるほか、充電がなくなり、バッテリー自体の充電ができない際には、水と塩・金属が入っているカートリッジ式の「パワーカード」を押し込むことで発電し、充電できるというスグレものバッテリーだ。


通常はリチウムイオンのモバイルバッテリーとして利用できる


緊急時など電力がなくモバイルバッテリーの充電ができない場合、パワーカードを差し込み充電することが可能


パワーカードから電力を作る仕組み


パワーバンク本体とパワーカードの仕様

パワーバンク本体は、2700mAhのリチウムイオン電池を搭載し、DC5V/1Aに対応している。本体を充電するためのmicroUSBと、スマートフォンなどに接続するためのUSBポートを搭載。本体下部は、パワーカードを差し込める構造になっている。サイズは約115×69×18mm、重さは約200g。

パワーカードは、1枚で約600mAh程度の電力を作り、充電ができるとのこと。サイズは約89×61×9mmで、重さは約40g。使用後は、燃えるゴミとして捨てることが可能。

気になる価格は、パワーバンク本体が7,000円前後、パワーカードは300円前後の予定だという。製品自体は完成してるが、PSEマークの認証取得後に発売する予定で、時期は今年中とのことだ。

最後に、パワーカードによる発電の仕組みなど、JAQ Hybrid パワーバンクに関する詳しい内容をブースの説明員に聞いた動画を紹介する。


S-MAX:CEATEC JAPAN2018 燃料電池と併用できる画期的なモバイルバッテリー「JAQハイブリッド」
記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・CEATEC JAPAN 2018 関連記事一覧 – S-MAX
・CEATEC JAPAN 関連記事一覧 – S-MAX
・世界初!塩と水から電力を作るクリーンなパワーバンク「JAQ HYBRID」をCEATEC JAPAN 2018にて発表!年内発売予定! | 株式会社ライテック | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.