東海道・山陽・九州新幹線の車両内無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」が7月25日より順次提供開…

20

東海道・山陽・九州新幹線の車両内無料Wi-Fiサービスが7月25日より順次提供開始!SSIDは「Shinkansen_Free_Wi-Fi」


東海旅客鉄道(以下、JR東海)および西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)、九州旅客鉄道(以下、JR九州)が東海道・山陽・九州新幹線の車内にて無料で使える公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)として「Shinkansen Free Wi-Fi」(SSID「Shinkansen_Free_Wi-Fi」)を2018年7月25日(水)より順次提供開始すると発表しています。

これまでJR東海とJR西日本ではそれぞれ東海道新幹線および山陽新幹線において2018年夏より新幹線車内でのフリーWi-Fiを提供すると発表していましたが、JR九州の九州新幹線も合わせてShinkansen Free Wi-Fiとして提供されることになりました。

Shinkansen Free Wi-Fiは整備が完了した車両から順次提供され、2020年3月までに東海道・山陽・九州新幹線の全列車で利用できるようになる予定。利用可能な車両にはShinkansen Free Wi-Fiのステッカーが客室内に貼られているほか、JR東海では公式Webサイトにて案内するとしています。


車内にステッカーが貼られている

利用可能な車内に貼られているステッカー

新幹線の車内におけるフリーWi-FiはJR各社がそれぞれ提供することを発表してきており、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)ではすでに東北新幹線(SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」)にて5月24日より提供し、北陸新幹線や秋田新幹線、上越新幹線、山形新幹線でも順次提供される予定です。

今回、Shinkansen Free Wi-Fiとして提供されることが発表された東海道・山陽・九州新幹線では、元回線に携帯電話網を利用しており、携帯電話網のの電波の状況などの環境によって利用できない場合があるほか、九州新幹線の新八代駅〜鹿児島
中央駅間のトンネル内(発表時点)においては利用できないことが案内されています。

利用は通常、メールアドレスの登録またはSNSを使った認証をすれば誰でも無料で使え、大規模災害時には登録・認証なしで利用可能となります。なお、限られた回線容量を多くのユーザーで共有するため、OSバージョンアップやアプリのダウンロードなどの一部の通信は制限する場合があるとしています。


JR東海における公式Webサイトにて利用可能な列車を案内
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・新幹線車内無料Wi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」サービスの開始について|JR東海(PDF)
・公衆無線LANサービスのご案内|JR東海

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.