NTTドコモが国内最速の下り最大988Mbpsや5波CA、上り最大75Mbpsを5月18日より提供!Xperia XZ2 Premium…

20

docomoが国内最速の下り最大988Mbpsをスタート!CA組み合わせも紹介


NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新たに「2018年夏モデル」として10機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のAndroidタブレットなどを発表しました。

またこれらの2018年夏モデルのうちの最も早く投入される「Galaxy S9 SC-02K」および「Galaxy S9+ SC-03K」の発売に合わせて2018年5月18日(金)より高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において国内最速となる下り最大988Mbpsを提供します。

対応機種はGalaxy S9 SC-02KおよびGalaxy S9+ SC-03Kのほか、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」および「Xperia XZ2 SO-03K」、「AQUOS R2 SH-03K」、「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の6機種で、256QAMと4×4 MIMO、3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション(3CA)によって実現します。

サービス開始当初の提供エリアは東名阪の主要駅や東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオなど。また同社では初の5波のCA(5CA)も対応し、東名阪では下り最大794Mbps、全国では下り最大744Mbpsに対応。対応機種は同じ6機種。また64QAMを導入して高速化する上り最大75Mbpsについても上記6機種に「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を加えた7機種が対応。

NTTドコモでは現在、PREMIUM 4Gにて理論値で下り最大788Mbpsおよび上り最大50Mbpsのサービスを提供していますが、これはTD-LTE方式の3.5GHz帯(Band 42)で256QAMや4×4 MIMOを導入した2波(最大294Mbps×2)、そしてFDD-LTE方式の1.7GHz帯(Band 3)で256QAMを導入した1波(最大200Mbps)を合わせた3CAで実現しています。

これに対し、下り最大988Mbpsはこの1.7GHz帯の1波についても4×4 MIMOを導入して最大400Mbpsにすることで、294+294+400Mbps=988Mbpsとなり、1.7GHz帯を利用するため、エリアは東名阪のみとなります。

さらに3.5GHz帯×2+1.7GHz帯+2.1GHz帯(Band 1)の4波のCA(4CC CA)、3.5GHz帯×2+1.7GHz帯+2.1GHz帯+800MHz帯(Band 19)の5CAも導入されます。なお、2018年5月時点で同社の下りにおけるCAの組み合わせは以下の23パターンとなります。


下り約1Gbpsとなる988Mbpsの組み合わせ
【NTTドコモの利用バンドと対応周波数帯】
通信方式 バンド 周波数帯
FDD-LTE方式 Band 1 2.1GHz帯
Band 3 1.7GHz帯(東名阪のみ)
Band 19 800MHz帯
Band 21 1.5GHz帯
Band 28 700MHz帯
TD-LTE方式 Band 42 3.5GHz帯
【NTTドコモの2018年夏時点における受信時CA組み合わせ】
No. CA組み合わせ 下り最大速度(理論値)
1 Band 1+Band 3 最大550Mbps
2 Band 1+Band 19 最大300Mbps
3 Band 1+Band 21 最大300Mbps
4 Band 3+Band 19 最大550Mbps
5 Band 19+Band 21 最大300Mbps
6 Band 1+Band 21+Band 19 最大450Mbps
7 Band 1+Band 3+Band 19 最大700Mbps
8 Band 1+Band 42+Band 42 最大738Mbps
9 Band 3+Band 42+Band 42 最大988Mbps
10 Band 19+Band 42+42 最大738Mbps
11 Band 21+Band 42+Band 42 最大738Mbps
12 Band 1+Band 19+Band 42+Band 42 最大888Mbps
13 Band 1+Band 21+Band 42+Band 42 最大888Mbps
14 Band 1+Band 3+Band 42+Band 42 最大938Mbps
15 Band 3+Band 19+Band 42+Band 42 最大938Mbps
16 Band 19+Band 21+Band 42+Band 42 最大888Mbps
17 Band 1+Band 19+Band 21+Band 42+Band 42 最大744Mbps
18 Band 1+Band 3+Band 19+Band 42+Band 42 最大794Mbps
19 Band 1+Band 28 最大250Mbps
20 Band 3+Band 28 最大500Mbps
21 Band 21+Band 28 最大250Mbps
22 Band 1+Band 3+Band 28 最大650Mbps
23 Band 1+Band 21+Band 28 最大400Mbps

さらに上りについては多値変調方式を現在の16QAMから64QAMにすることで約1.5倍のデータ量となる最大75Mbpsにするとのことで、2018年度以降には恐らくauが導入したように上りにもCAを導入したりするなどして100Mbps以上にする計画だということです。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・報道発表資料 : 2018年夏 新商品11機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・PREMIUM 4G 〜LTEは次のステージへ〜 | エリア | NTTドコモ

(引用元:livedoor news)