NTTドコモがドローン活用のプラットフォーム「docomo sky」を発表!セルラードローンを用いたビジネスモ…

20

NTTドコモのドローンプラットフォーム「docomo sky」を解説!


NTTドコモは同社の携帯電話ネットワークを利用した独自のドローンプラットフォームプロジェクト「docomo sky」( https://www.docomosky.jp )を2月21日に発表しました。

現在の日本におけるドローン規制は人間による操縦(レベル1)およびコンピューター制御による自動操縦(レベル2)のどちらも目視内飛行に限定されており、目視外の無人地帯での飛行(レベル3)や目視外の有人地帯での飛行(レベル4)について原則として認可されていません。

しかしながら、レベル3に相当する飛行は早ければ2018年内にも認可が降りる予定となっており、2020年のレベル4導入を目標として着実に技術開発や実証実験が行われている最中です。

今回はそういった方針に向けてNTTドコモによるドローンプロジェクトとして立ち上げられたdocomo skyの概要を発表会の模様とともに紹介しながら、今後の日本におけるドローンビジネスの行方などを解説します。


ドローン規制は技術検証を経て2020年を目処に段階的に開放されていく見込み

■NTTドコモが目指すドローンビジネス

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.